「台風コロッケ」をイノベーター理論で考える


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2290文字)


先週はじめの台風9号(ミンドゥル)に続き、この週明けには台風10号(ライオンロック)がやってきそうだ。例年より一足早い台風シーズンの到来といったところだろうか。台風10号はいったん南下、停滞して充分な水蒸気を吸収済み。「非常に強い」台風となっているので、やや弱まった気配があるとはいえ、しっかり準備するしかない。
 
さて、台風の準備といえば「台風コロッケ」だ。台風の日にコロッケを食べるという2ちゃんねる発祥のこの奇習も、先日8月21日(日)にめでたく15周年を迎えたという(参考:みなさんに愛されて15年 ネットの謎風習「台風コロッケ」が15周年を迎えていた|ねとらぼ)。たいぶ前からあるネタなのは知っていたが、そんなに古いという感覚はなく、15周年には正直びっくり。習慣というのは、このようにいつの間にか根付くものなのかも知れない(?)。
 
15周年ということでふと思ったのが、「台風コロッケ」は今でもおもしろいのかということ。今回は、これについて「イノベーター理論」を使って考えてみた。
 

コロッケ

credit: userbit via pixabay

 
続きを読む

ソフトバンクの「COOL BIZ!」がso cool


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(808文字)


先日、ソフトバンクのショップに行ったとき、ちょっと感心したことがある。店員のクールビズに、意表をつく一工夫があったのだ。クールビズが当たり前になった今だからこそ、それを逆手に取るアイデアがso coolだ。
 

 
続きを読む

顔認識より「靴認識」が良い理由


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1510文字)


画像マッチング技術の進化により、最近は顔認識システムを使ったさまざまなサービスが提供されているが、ディズニーが注目したのは「靴」だという(参考:ディズニーが来園者の「靴」をスキャンして移動先を把握するシステムの特許を取得|GIGAZINE)。来園者の靴を手がかりに、その行動パターンを追おうというアイデアがあるらしいのだ。人の顔が百人百様であるように、靴にも一人一人の特徴が出る。ちょっとした汚れだったり、足の形や歩き方の癖で起きる変形だったり。新品の靴でもない限り、たとえ同じ靴でもある程度の区別は付きそうだ。
 
この「靴認識」とでも言いたくなる新システム。顔認識より精度は低そうだが、なかなか良いアイデアのように思う。データ活用には充分役立ち、その一方で来園者の心理的抵抗が少ないと考えられるからだ。
 

 
続きを読む

ウォーホルのランドセルを喜ぶのは誰?


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1450文字)


ランドセルの色は、男子が黒で、女子が赤。今となっては学校からの指定があったかはわからないが、一昔前まではこうと相場が決まっていた。ところが、最近では青、茶、ピンク、パープルなど黒・赤以外の色のランドセルを背負う小学生を見ることも珍しくなくなってきた。これを多様化といえば大袈裟になるが、ランドセルの市場も競争が激しくなり、各社が知恵を絞って差別化を目指しているのは間違いないだろう。
 
さて、今年ここに登場したのが、三越伊勢丹から限定で発売されたアンディ・ウォーホルのランドセルだ(参考:世界初のアンディ・ウォーホルランドセル 三越伊勢丹限定で発売|Fashionsnap)。外側は他のランドセルと変わらないが、ペロンとめくるカブセ部分の裏地にウォーホルデザインの柄を使い、前ポケットの革部分にアートワークが型押しされている。
 
小学生にウォーホルはフィットせず、無理な差別化を狙った「おかしな商品」のように見えるが、少し考えれば何ということはない。そのマーケティング的な狙いは明解だ。
 

 
続きを読む

ビジネスも「ニワカ笑うな来た道だ」


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1558文字)

ニワカ笑うな来た道だ、古参嫌うな行く道だ

これは、インターネットに古来伝わる格言。オタク道(?)について言われたものとされるが、出典等はよくわからない。「ニワカ」が「新参」だったり、「嫌うな」が「憎むな」だったりする変化形も多数あり、ネットでよく見る出所不明のフレーズのひとつだ。ちょっと気が利いているが、情報としてはお行儀が悪い。
 
ただし、言いたいことは明解。自分たちと違うレベル、ステップにいる人たちを、それだけを理由に排除するなというメッセージだろう。「他者に寛容になれ」といえば大袈裟だが、要はそういうこと。そして、この「来た道、行く道」の格言は、ビジネスでも大切な心得となる。
 

道

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む