金環日食は期待はずれに終わる!


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(874文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
今月21日、太平洋側の広い地域で金環日食が観察できます。
テレビや新聞で取り上げられることも多く、Googleでの検索数も急上昇しており、どこかしこで「金環日食を楽しもう!」という期待が高まっているようです。
 

「金環日食」のGoogle検索数推移

 
さて、世間が金環日食に向けて盛り上がっている中、気になるのが天文ファンの落語家・柳家小ゑん師匠のこの発言です。どうやら、

 「金環日食は歴史を変えない」

らしいのです。
 
理由は簡単です。
金環日食では太陽が完全に隠れるわけではないのであまり暗くならないのです。天文学的には珍しい現象なのでしょうが、わざわざ観察しようとしない限り気付かないかも知れません。紀元前585年、古代ギリシャの哲学者・タレスが日食の発生を予言したことで、長年に及ぶ戦争が終結したと言われています。つまり、歴史が変わりました。でも、これは天空も大地も暗くなる皆既日食に人々が驚いたからです。暗くならなくては、多くの人に衝撃を与えることはできません。そこで、「金環日食は期待はずれに終わる!」と予言(?)したわけです。
 
さて、ここで話題を強引にマーケティングに近寄せますと、「期待のコントロール」というテーマになります。ビジネスを成功させるためには、常に消費者の期待を超えた製品やサービスを提供することが求められます。このコントロールに失敗すると、しっかりした商品を提供しながら、消費者から「なんだ、こんなモノか!」と思われてしまい不幸な結果を招くことになります。
 
具体的な商品を例に説明すると話がわかりやすいのですが、これは角が立ちます。そこで、典型的な例として「世界三大がっかり」を挙げておきましょう。シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚姫の像、ブリュッセルの小便小僧です。あまりに有名なので期待をして見に行くと、あまりの小ささにがっかりするわけです。
 
皆さまも期待値のコントロールにはご注意ください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.