なぜ家電メーカーは赤字なのか?


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(590文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
インターネットを徘徊していると、たまにドキッとするほど雄弁な画像を見ることがあります。
 

photo credit : 涙目で仕事しないSE photo credit: 涙目で仕事しないSE

 
これは涙目で仕事しないSEで「なぜ家電メーカーが赤字なのか一目でわかる画像」として紹介されていた画像です。日常的に使っていた多数の電子機器が、アプリケーション化によって一つのガジェットに統合されたことが一目瞭然にわかります。このことが家電メーカー赤字の原因のどの程度を占めるかはわかりませんが、刺激的でいろいろなヒントを貰える画像であることは間違いありません。
 
こういうメッセージ性の強い画像には大きな魅力を感じます。
この画像のメッセージ(の一部)と同じ内容は、スマートフォンの売上増加と各種電子機器の売上減少をグラフ化すれば表せますが、それは人の心に響かないどこにでもある1枚のグラフになってしまいます。もちろん、グラフや図表のつくり方にも技術があり、工夫次第でメッセージ力を上げることはできます。しかし、ここまで雄弁な1枚をつくることはできないでしょう。
 
プレゼンテーション等でこういう画像を積極的に使いたいと思うのですが、問題は自分ではつくれないことです。こんな気が利いた画像は無理だとしても、多少でもメッセージ性の強いスライドをつくりたいものです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.