有意差に価値はない・・・こともある


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(805文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。

統計学に有意差という用語があります。
例えば、ある質問の「はい」の回答がグループAで30%、グループBで40%だったとしましょう。もちろん、この2グループの「はい」の比率には差がありますが、それはサンプリングによる偶然かも知れません。たまたま選んだ人たちがそういう回答をした可能性もあるのです。そこで、数学的にアレコレして意味があるかを判定することになり、「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」とされた差が有意差です。統計学を抜きに考えても、各グループが10人だったら「偶然でしょ」、各グループが1,000人だったら「意味があるんじゃない」となるでしょう。これを数学的に判定するわけです。

観測された差が有意なものかを判定することは大切です。意味のない差に注目しても何も生まないからです。本来的には、データからモノを考えるときは有意差だけを対象にしなければなりません。
 

photo credit: 写真素材 足成 photo credit: 写真素材 足成

 
ただし、注意が必要なのは有意差に常に価値があるとは限らないということです。
ここで言う有意差は統計的に有意なだけに過ぎません。ある商品の購入意向率に男女で有意差があった場合、その差が男性30%と女性70%のような大差だったらそこに価値を見出すことが可能です。マーケティング戦略も変わってくるでしょう。しかし、有意差があっても男性15%女性20%だったらどうでしょう(サンプル数を増やせば小差でも有意になります)。統計的に有意な差はあっても商売には役立たない程度の差でしかありません。そこに使える価値はないわけです。
 
データに差があることと、その差に価値があるかどうかは別の問題です。データに有意差があった場合でも、そこに社会的、マーケティング的な価値があるかどうかを考えることが重要になります。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.