マーケティングも基本が大切


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(573文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
唐突ですが、何ごとも型無しで考えるとうまくいきません。
考える筋道=フレームを知らないと、考えがあっちに行ったりこっちに行ったりして収拾がつかなくなります。物ごとには例外が付きものですが、一度それらを忘れて大筋のフレームに沿って考えることが重要です。型を知らずに型破りすると、碌な結果になりませんから。
 
マーケティングについては、フィリップ・コトラーが示した以下の手順が事実上のデファクトスタンダードと言っていいでしょう。
 

マーケティングの基本手順
ファイルのダウンロードはココから

 
マーケティングについて考えていて何か壁にぶつかったら、この手順に戻って考えることをオススメします。いくらこの手順を知っていても、実際に作業をしていると途中を飛ばしてしまったりします。そのときに基本に戻ることが大切なのです。頭で思い出してもいいですが、まとまったものを目にすると更に効果があります。今日のスライドはそんなときのためにつくってみました。
 
あと、新しいマーケティングの手法などが出てきたときもこれに基づいて考えるとわかりやすくなります。「one-to-oneマーケティングはSTPの変形」、「ビッグデータはRの拡張」などと考えると、急に理解が進みます。
 
皆さんも、ぜひお試しください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.