ニーズとは何か? 〜定義とバズワード対策〜


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(862文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
マーケティングと言ってまず最初に頭に浮かぶ単語がニーズだという人は多いでしょう。顧客ニーズがマーケティングの出発点ですから、当たり前です。しかし、このニーズという単語は人によって使い方が違う厄介な単語でもあります。一つ間違えば、バズワード=「定義があやしい流行語」と思われても仕方ありません。
 
佐々木はニーズ、そして関連用語のウォンツ、需要を以下のように捉えています。

ニーズ、ウォンツ、需要
ファイルのダウンロードはココから

 
ニーズは欠乏状態そのもののこと(お腹が減った)、具体化されるとウォンツ(ハンバーガーが食べたい)、購買力が伴うと需要(ビッグマックにしよう)という構図です。「近代マーケティングの父」と称されるフィリップ・コトラーの定義そのものですね。
 
日ごろ話していると、これとは別の意味でニーズという言葉を使う人がいます。「我が社の製品◯◯のニーズが伸びている」といった具合です。当然、そんなときにいちいち言葉の定義を争ったりはしません。「この人は、需要のことをニーズと言っているんだな」と考えながら話を合わせます。話し相手は、今度はウォンツの意味でニーズという言葉を使ったりしますが、そのときはそのときで適宜対処します。
 
定義が曖昧な言葉については、このような対処をできることが重要だと考えています。コトラーが「現代マーケティングの第一人者」だからといって、彼の定義が絶対的な正解だということはありません。どんな定義でもいいのです。しっかり体系化された定義を知っていることで、違った用語の使い方をする人がいても対処が可能なことが大切です。言い換えれば、自分なりの語釈を持っていないと相手の言葉の使い方のブレに巻き込まれ、話が進まない事態に陥り兼ねません。

バズワード対策の一つの有効な対策として、自分なりの定義を持つことが役立ちます。それが正解か不正解は関係ありません。しっかり体系立っていて矛盾のない定義を持つことが重要だと考えています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.