安全神話とクラウドと代替案必須の功罪


この記事の所要時間: 130秒 〜 230秒程度(978文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 


安全神話崩壊、次に何を疑うか?

昨夏、電力安定供給の大前提が崩れ、多くの企業がその対応に追われました。
自分も含めて、「絶対に安全なシステムなどない」という極めて当たり前のことを思い知らされたわけです。
 
数年間、数十年間大きなトラブルなく動作しているインフラは、あって当然の空気のような存在です。責任ある企業のリスク対策として、これらインフラに対する「絶対に安全」という過信、すなわち安全神話を疑うことが求められているのでしょうが、それらすべてを片っ端から疑い、万全の策を用意することは現実的でないでしょう。予算にも人員にも制限があります。実務では、トラブルが起きる可能性とトラブルが起きた場合の影響を考えて、「次に何を疑うのか?」の優先順位を付けることが求められます。
 


もしもクラウドが壊れたら・・・

佐々木がまず最初に疑うことをオススメするのはインターネットのインフラ、特にクラウドです。新しいシステムが多いためトラブルが起きる可能性は高く、一方で一極集中による効率化を目指すためにトラブル発生の影響は計り知れないからです。
 
この際、「インターネット大手の◯◯社がやっているサービスだから大丈夫」は成立しません。それではまさに安全神話です。想定外のトラブルは起きるのです。サーバー側が壊れることもあるでしょうし、ネットワークが壊れることもあります。クラウドを利用している企業は、そこにトラブルが起きる可能性を想定しておく必要があります。
 


代替案なしの指摘が気付きになる

さて、ビジネスにおいては、何らかの批判なり指摘なりをする場合、解決のための代替案を示さないのはルール違反と見做されます。「クラウドが危ない」と指摘するなら、その代替案を出せというわけです。当事者意識のない評論家的な批判を避けるためのルールなのですが、これが素朴で重要な指摘を妨げているように思えてなりません。
 
さまざまな分野で専門化が進む現在、部外者が代替案を含めた批判・指摘をすることはハードルが高くなっています。一方で、専門家は視野狭窄に陥りやすく、自身の技術等に過信を抱きがちです。時には、代替案なしの指摘を認めることが、重要な気付きを見逃さないために必要なのではないでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.