“データ”ってなんだろう?


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1764文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
データ活用について議論をしていると、だんだん話が噛み合わなくなることがあります。“データ”という言葉の意味が広く、人や文脈によって言葉の使い方が大きく違うことが原因です。
 
“データ”は佐々木が企業を支援する際のキーワードの一つです。この言葉を無自覚に使うことでバズワード(=定義があやしい流行語)のようにしてしまっては、お互いに不幸な結果を招く事態になり兼ねません。
 
そこで、“データ”が何を意味するか、改めて考えてみました。
どうやら、“データ”という言葉には3つの使い方があるようです。
 


データ=事実、数値、電子データ

まずオーソドックスに辞書に掲載されている語義を確認します。
 
 『広辞苑 第三版』(新村出編/岩波書店/1983年) 

立論・計算の基礎となる既知の或いは認容された事実・数値。資料。与件。「実験―」

 
 『新潮現代国語辞典 第二版』(山田俊雄ほか編/新潮社/2000年) 

①推論の基礎となる情報を含んでいる事実・数値。与件。資料。「実験―」②コンピュータによる情報処理などのために、記号化・数値化した資料。「―通信」

 
 『新明解国語辞典 第四版』(山田忠雄主幹/三省堂/1989年) 

①推論の基礎となる事実。②ある事柄に関・する(して集めた)個個の事実を、広義の記号〔=数字・文字・符号・音声など〕で表現したもの。〔最も狭い意味では、数値で表現したものを指すが、広義では、参考となる資料や記事のことを言う。また、電子計算機の分野では、計算機が処理できる対象すべてを指す。従って、プログラム自体もデータであるが、狭義では除外する〕「ーを・集める(示す・並べる):万全のーをそろえる:実験ー:数値ー:文字―:―処理」

 
いかがでしょう。
『新明解』の注釈がかなり詳細で理解を助けてくれます。
これを中心に整理すると、大きくわけて以下の3つの使い方が想定できそうです。

●事実
 推論の基礎となる事実
●数値
 事実を数値で表現したもの
●電子データ
 事実や数値をコンピュータ処理のため記号にしたもの

 
この違いこそがデータ活用についての思惑の齟齬を生み出しています。
 


“データ”という言葉の使いわけ

例えば、会社で何か新しい事業をはじめるときに「データにあたれ」と言った場合、それは「事実」と「数値」の両方をあらわすでしょう。ところが、同じ新事業について考えていても「データを分析しろ」といった場合には、その対象は「数値」と「電子データ」、特に今どきは「電子データ」を意味することが多いようです。
 
では、会社が行なったイベントの様子を「データに残す」という場合だったらどうでしょう。「電子データ」のみを示している可能性も考えられます。つまり、画像や動画ということです。そのままでは「数値」になっていないので、何らかの方法で加工しない限りデータ分析等の対象には成り得ません。
 
もちろん、イベントの様子を「数値」としてデータに残すこともできます。時間別の来場者数をカウントしたり、来場者の名簿をつくったりする方法です。同じ「データに残す」でもいろいろあるわけです。
 


データ活用の目的は「事実」に基づくこと

佐々木が「企業でデータを活用しよう」というとき、“データ”として考えているのは第一に「事実」です。それは「事実」に基づいて考えることが重要だと考えているからです。もちろん、それを扱いやすくするために「数値」化したり、分析をするために「電子データ」化したりしますが、それらは手段に過ぎません。
 
一方、多くの方がデータ活用というと「電子データ」を思い浮かべるようです。「電子データ」は便利ですし、今の世の中で増えているのはこの意味のデータなので当然ですが、そこに疑問を感じます。「電子データ」ではわからない「事実」もたくさんあるからです。
 
こうやって考えるてみると、佐々木はもう少し自覚的に自分が考える“データ”の意味をアピールした方がいいのでしょう。
 
「事実」から考えたい、そう考えています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.