アンケートは仮説づくりからはじめよう


この記事の所要時間: 140秒 〜 240秒程度(1119文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
アンケートを実施するとき、よくいい加減に済まされてしまうのが調査目的の設定です。何かを知りたくてアンケートするので、調査目的は自明のものとしていきなり質問文を考え出したくなるのはわかるのですが、モノには順序があります。調査目的がはっきり決まってないと、思い付きの質問がバラバラと並んでしまうため、アンケート結果から引き出せる知見が限定的になってしまうのです。ゴールが曖昧ではどこを目指していいかわからないため、質問間の相乗効果が生まれません。少し面倒でも、調査目的を明確にしてから作業をスタートさせる必要があります。
 

photo credit : F.Pamplona via photo pin cc photo credit : F.Pamplona via photo pin cc

 


仮説をつくってアンケートに挑む


例えば、小売店の売上向上のためにアンケートを行なうとしましょう。
この場合、売上向上が目的とも考えられますが、これはお店としての最終目的であってアンケートの目的ではありません。このレベルの漠然とした目的意識でアンケートをつくり出すと、かなり大変なことになります。
 
売上向上のためには、既存顧客の1人あたり売上増加、新規顧客の獲得、取り扱い商品の拡充などいくつもの方法が考えられるからです。これらすべてを一度のアンケートで質問しようとすると、内容が多過ぎて収拾がつかなくなります。とても相乗効果は期待できません。
 
こういう事態を避けるためには、「この方法で売上を向上させられるだろう」という仮説をつくり、①仮説の有効性の確認、②仮説の肉付けを目指すアンケートにするのが一番です。
 
予算や時間の制約があるため一度のアンケートでたくさんのことを知りたいのは当然ですが、できる限り焦点を絞ることがアンケート成功の秘訣です。ここでも、選択と集中が生きるのです。
 


企画書をつくろう!


さて、調査目的を決めて作業をスタートしても、だんだんアレも聞きたいコレも聞きたいになるのがアンケートの常です。しかし、これをあまり許してしまうとアンケートがぼんやりしたものになってしまいます。
 
このとき有効なのは、調査目的をはじめアンケートを実施するのに必要ないくつかの決めごとを明文化することです。わかっているつもりのことでも、書くと書かないでは大きな違いがあります。そして、アンケートの内容がわかりにくくなってきたら、明文化された原点に戻ればいいわけです。
 
一般的には調査の企画書をつくります。そこで、調査目的等を明記してロジックを確認します。これにより、成果の出やすいアンケートの実施が可能になるのです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.