ランダムサンプリングは難しい


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2141文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
アンケートの対象をどんな人にするか決めたら、その中からサンプルを選んでアンケートを依頼することになります。対象全員に質問する方法もありますが、多くの場合、技術やコストの面で現実的でないからです。
 
さて、アンケートの回答者はランダムに選びたいのですが、これがなかなか簡単じゃありません。アンケートで言う「ランダム」は、「デタラメ」ではなく「誰もが等確率で回答者になる」だからです。
ランダムのつもりでデタラメに選んでも等確率になるとは限らないのです。
 

photo credit : bredgur via photo pin cc photo credit : bredgur via photo pin cc

 


RDDでランダムなのは電話番号まで?


よくテレビなどの世論調査でRDD方式という言葉が出てきます。
電話番号をランダムに発生させて、その番号に対してアンケートをする方法です。多くの方は、これを聞いて「ランダムなんだ」と思うかも知れませんが、ランダムサンプリングはそんなに生易しいモノではありません。
 
 電話番号は世帯、アンケートの対象は個人 
ランダムに発生した固定電話の番号でサンプリングできるのは世帯です(会社等は除外して考えます)。しかし、実際にアンケートを行ないたいのは個人です。つまり、RDD方式で電話番号を特定するだけでは世帯の中の誰に質問するかという問題が残ってしまいます。このため、「世帯の中の誰に質問するか」についてもランダムで選ぶことになります。例えば、何らかの方法でランダムに数値を発生させて、その数値Nを使って「ご家族の若い方からN人目の方に質問したい」と指定したりするのです。
 
ちなみに、これをしないで電話に出た人にそのままアンケートをすると大変なことになります。以前、某省庁で発表されていた電話アンケートの結果は「女性が8割以上」「65歳以上が7割以上」というサンプル構成でした。そんな結果では、信用できるわけがないですよね。
 
2人家族と5人家族は等確率?
先ほども書いた通り、アンケートで言うランダムとは等確率のことです。電話番号をランダムに発生させたとしても、その中の誰を選ぶかで確率が異なってしまってはランダムということになりません。このため、電話に応答した世帯について、家族構成を聞いてその中から1人選ぶという方法は好ましくありません。2人家族の構成員は1/2の確率で対象となるのに、5人家族の構成員は1/5の確率でしか対象にならないからです。この部分をうまくクリアしたとしても、「2人家族より5人家族の方が誰かが家に入る確率が高く、その結果、電話に出る可能性が高い」などの歪みはあります。
 
RDDは使えない???
誤解しないで欲しのですが、「RDD方式はランダムでないからけしからん」と言いたい訳ではありません。「女性が8割以上」等では論外ですが、少しでもランダムにしようと工夫した上でランダムでない部分が残るのは、現実に調査をする上では仕方がないことです。後は、そのアンケート調査に必要な精度との相談になります。
 


お店でアンケートすると常連客が多くなる?


普通に企業で働いている方がRDD方式で調査をすることはほぼありえませんから、もっと現実的な小売店の来店者アンケートで考えてみましょう。
話を単純化するため、毎日来店する常連、4日に1回来店する半常連、10日に1回来店する非常連が100人ずついるとします。更に、半常連は1日に25名ずつ均等に、非常連は10名ずつ均等に来店すると仮定します。
 
このとき、1日だけ来店者アンケートを行なったらサンプルの構成は、

●常連  100人
●半常連 25人
●非常連 10人

です。回答者の7割以上が常連になります。
 
ところが、同じアンケートを3日間掛けて行なったらどうでしょう。
 ※同じ人の2回以上の回答は認めない

●常連  100人
●半常連 75人
●非常連 30人

となり、常連の比率は半数を下回ります。
 
これは一概にどちらが正しいという話ではありませんが、ランダムにアンケートしているつもりでも調査期間を変えるだけでこのような違いが生じます。このあたりをどうするかの判断は慎重にしなくてはいけません。
 


アンケートの回答者に代表性があるか


「ちょっとアンケートをしてみよう」くらいの軽い気持ちでアンケートをするときにどこまでの厳密性が必要かは別にして、ランダムなサンプリングをするのが難しいことはわかっていただけたと思います。
 
ポイントはどのような方法でサンプリングするとしてもそれは手段に過ぎないということです。目的となる自分が決めた対象を代表するようなサンプルを選ぶためには、アンケートのハウトゥ本などには載ってない、その場その場の創意工夫が必要になります。時には多少卑怯な手もアリです。
 
まあ、この類の話はアンケートを専門にする人だけがわかっていればいいことなのかも知れませんが、安易にランダムと信じるのは危険なので、警鐘のつもりで書いてみました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.