「◯◯が流行している」って本当なの?


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1246文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
新聞、雑誌、インターネットなどの記事で、「◯○が流行している」、「アメリカで△△が話題だ」、「高齢者の間で××がブームらしい」などの表現をよく見ます。中には「そうそう、最近はやっているよね」と思うものもありますが、「それ、本当なの?」と首を傾げたくなるようなものが多いのも事実です。
 
元々、何かが流行しているかどうかは判断基準が曖昧ですし、基準があったとしても実証が難しいので、“言ったもん勝ち”なところがあります。それは仕方ないとしても、最近、反証できないのに乗じてでっち上げの流行をつくっている記事が多いように思えてなりません。特に、ビジネスに関係するトレンド情報は企業に実害を及ぼす可能性もあり、苦々しい気持ちで記事を読むことが多々あります。
 


複数のメディアが取り上げていれば信用できる?


新聞や雑誌の記事をすべて真に受ける人はいないでしょうが、それでも「流行している」に惑わされる人は跡を絶ちません。
 
いくつもの新聞や雑誌が同時に「流行している」「話題になっている」と書き出すと、複数のメディアが書いていることを何らかの根拠のように考えて、これに乗ってしまう人たちが多いのです。よく記事を読んでみると、ただの後追い記事だったり、インタビューをしている相手が同じ人だったりすることもあるのですが、新聞や雑誌の権威に騙されてしまうようです。
 


自分の目で確かめよう


しかし、今は便利な時代です。
GoogleやTwitterで検索して、ヒット数を見たり、ヒットしたページに書かれている内容を見たりするだけでも、ある種の確認になります。もちろん、何件ヒットしたら流行中なのかがわからないため検証とまでは行かないのですが、メディアに書かれていることをそのまま信じるよりはマシでしょう。
 
直接検索結果を見るだけでなく、統計情報を見ることもできます。例えば、Googleトレンドを使えば特定の単語を検索した件数の推移を見ることができます。これも、どのくらいの数値になったら流行という基準はありませんが、まったく検索数に変動がない状態が続いていて、記事が出たと同時に検索数が一気に伸びたような場合は、警戒した方がいいでしょう。記事によって興味が集まっただけと考えられるからです。
 


何ごとも事実やデータに基づいて考えよう


佐々木は何かと言うと「事実とデータに基づく」ことをオススメします。「流行している」などという不確かな情報を元に事を起こすのは極めて危険だからです。やはり、人や企業が何かを行なうためには、それなりの根拠が必要でしょう。それも、根拠は明白であれば明白である程いいのです。
 
すべてのことが検証できるとは限りません。
それでも、何らかの形で裏を取ろうとする行為は無駄ではないのです。ぜひ、何ごとも事実やデータに基づいて考える、この習慣と付けていただきたい。そう考えています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.