問題の切り分け 〜橋下市長、女性問題は「別の場所で」〜


この記事の所要時間: 130秒 〜 230秒程度(1015文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
大阪の橋下徹市長の女性問題に関する報道がありました。週刊文春の記事について記者の質問に答えたものです。女性問題や橋下市政についてどうこう言うつもりはありませんが、MSN産経ニュースの記事(橋下市長が女性問題認める 週刊誌報道めぐり「僕のポカで家族に迷惑」)に興味深い箇所がありました。

橋下氏は18日、午後7時ごろから退庁時の囲み取材に応じたが、記者団から質問が出る前に「文春の件は別の場所でやります」と自ら切り出した。関西電力大飯原発4号機の再稼働などに関する質疑を終えると、バックに大阪市のPRロゴがない場所に移り、女性問題に関する質問に応じた。

 
女性問題については場所を変えて対応したというのです。
公的な問題と私的な問題の切り分けを象徴する行動で(どうでもいいような)会見の内容より重要と言えそうです。
 
ビジネスにおいても、この切り分けの発想はとても大切になります。
 


過去の女性問題と今後の橋下市政に因果はあるのか?


公人のスキャンダル報道を見ていて考えるのは、スキャンダルがその人の職務に影響を与えるかどうかです。今回の例で言えば、過去の女性問題と今後の橋下市政の関係性の問題です。
 
今後の橋下市政に影響が小さいのなら、女性問題の追求は的外れと言えます。
政治は駆け引きなのであまり関係がなくてもスキャンダルを追求するのでしょうが、その因果関係が弱いならそこに拘泥しても時間の無駄でしかありません。
 


問題の切り分けが重要


ある企業にマイナスの事項が見付かると、その対象のすべてを否定するような流れになることがあります。しかし、そのマイナス事項が影響する範囲は限定的です。どこに影響があり(因果が強い)、どこに影響がない(因果が弱い)かを切り分けて考えないといけません。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い式の思考法では、問題解決を遠ざけるばかりです。
 
ある企業に何か問題があるからと言ってすべてを否定するのは、ある種のカテゴリー適用法(ある現象をより大きなカテゴリーの一員に位置づけることで説明できると考える思考法)です。このような単純化をビジネスの場で行なえば、損をすることになり兼ねません。常に問題の背景にある構造を意識して考えることが必要です。
 
橋下市長が場所を変えたということから、こんなことを考えました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.