カメラ専用機のベネフィットは“特別感の演出”


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1394文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
WIRED.jpに『数字で見る「カメラ市場へのスマホの影響」』という興味深い記事がありました。調査によると「カメラ専用機で撮られた写真の割合は、2010年の52%から44%に減少」しており、スマートフォンなどのカメラ機能の影響が大きいという内容です。
 
記事では、「日常的で即興的な利用」と「バケーション時」のモバイルカメラ利用率の差がグラフで示されており、当然ながら「日常的で即興的な利用」で高くなっています。これを見て改めて考えたのが「カメラ専用機のベネフィット(金銭以外も含めた利益)は何なのか」ということです。
 

photo credit : panaromico via photo pin cc photo credit : panaromico via photo pin cc

 


ベネフィットは“画像による記録”?


カメラのベネフィットは、その本来的な機能を考えた場合、現実の一側面を画像により記録することと言えるでしょう。しかし、このベネフィットだけなら、今の時代、携帯電話やスマートフォンのカメラ機能(以下、スマホカメラ)で充分満たすことができます。画像で記録するためだけならカメラ専用機はいらないのです。
 
「より美しく」「より正確に」現実を切り取るというベネフィットを想定するとカメラ専用機の位置付けが明確になります。しかし、最近のスマホカメラの性能向上を考えるとこれも長く続かないように思います。冷静に考えれば、既にスマホカメラの画質さえ過剰品質と言えるかも知れません。
 
良い写真を撮影するためには、カメラの性能以外に撮影者の技術やセンス、写真の被写体やシチュエーションなどが重要になります。これらの要素の影響と比べると、カメラ専用機の性能とスマホカメラの性能の違いは微々たるものと考えられるからです。
 


カメラ専用機のベネフィットは“特別感の演出”


それでもなぜカメラ専用機を使うのかと考えると、そのベネフィットは雰囲気や気持ちの問題だと考えられます。子どもの運動会の写真をスマホカメラで撮っていては、特別な雰囲気が出ないのです。まるで、手抜きをしているようです。記念日にちょっと高級なレストランにいつもと違った服装で出掛けるように、特別な日にはカメラ専用機を使うことが必要なのです。このとき、カメラ専用機を使うことで出来あがる写真の質が向上するかどうかは、ほとんど関係ありません。
 
こう考えると、カメラ専用機の売上を伸ばすためには、“特別な日を増やす”アプローチが有効ではないでしょうか。「こういうときはカメラ専用機」というシチュエーションをどんどん提案するのです。既に行なっているメーカーもあるでしょうが、今後を考えれば、更にシチュエーションを強調したアプローチが重要になると考えられます。
 
また、特別感の少ない便利さだけにシフトしたようなコンパクトカメラは、スマホカメラとの弁別が厳しくなるでしょう。機能は今までのコンパクトカメラだけど「見掛けはいかにもカメラ」、そんな商品も一案のように思います。
 
具体案については思い付きの部分もありますが、カメラ専用機の位置付けを再考して“特別感の演出”を目指すことは重要です。
 
モノ(カメラ)ではなくコト(シチュエーション)で考えることが、カメラ市場にも求められているのです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.