NTTの認知率は何%?


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1179文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
突然ですが、NTTの認知率はどのくらいだと思われますか。
日本人の成人男女に質問する限りほぼ100%だと推測される人が多いのではないでしょうか。実際にはその通りだと思われますが、アンケートをするとそのような結果になるとは限りません。
 

photo credit : milos milosevic via photo pin cc photo credit : milos milosevic via photo pin cc

 


NTTの認知率は90数%?


現に、自分には90数%という結果を出した経験があります。
 
そのときの質問はこのようなものでした。

以下に挙げる電話会社、電話ブランドの中からご存じのものを選んでください。
                          (回答はいくつでも)

アルファベットとカタカナだらけの選択肢が20〜30程度もあったため、選択肢を全部読まない回答者がおり、NTTの認知率が90数%という不思議な結果になってしまったものと想像されます。
 
NTTの名前を挙げて、「知っている」「知らない」の選択肢で質問すれば、ほぼ100%の認知率が得られたでしょう。90数%になったときは、対象者の負担と紙幅の都合を考えて、上の聞き方になりました。認知率のような“実態”を聞く質問でも質問方法によって結果が変わることがあるのです。
 


答えやすい選択肢を準備する


ただ、このときはこの聞き方でよかったのです。この質問の目的はNTTの認知率を知ることではなかったからです。
 
あまり知られていない会社名やブランド名をたくさん並べて「知っている」「知らない」で質問すると、「知らない」ばかりなので回答者にストレスを与えます。そこで「ご存じのものを選んでください」となるのですが、「ひとつも知らない」に回答するのを嫌って、何となく知っている選択肢に◯印をつける人が必ずいます。
 
これを避けるために知っていて当たり前の選択肢、すなわちNTTを入れたのです。回答者の中にはNTTという選択肢に違和感を覚えた人もいるでしょうが、調査側の意図はこんなところにあったわけです。
 


並び順でも認知率は変わる


このときNTTを一番最初に置くか、一番最後(「ひとつも知らない」の前)に置くかで議論になりました。最初に置けばそれだけに◯印をつけて残りの選択肢を読まない可能性があります。一方、最後に置けばNTTを見逃してしまう恐れがあります。見逃すだけならいいのですが、他の選択肢に無理矢理回答してしまって困ります。もちろん、どちらが正解という話ではないのですが、アンケートをつくるにはこのようなところにまで細心の注意を払う必要があるのです。
 
このようなアンケートTipsはまだまだたくさんありますので、また紹介します。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.