Outlook.comのアカウントを押さえよう!


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(808文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
マイクロソフトが新メールサービス Outlook.com をオープンしました。ITmediaニュースによると、「ユーザー数が、公開後数時間で100万人を突破した」そうです。自分もsasabizu@outlook.comというアカウントを登録しました。しかし、今のところ使う予定は一切ありません。
 

Outlook.com

 


アカウントの登録は先行投資

なぜ、使いもしないアカウントをわざわざ登録するのか。
それは、アカウントの登録は早い者勝ちだからです。このため、自分が使いたいアカウントを押さえるためには、なるべく早いタイミングで登録しなければなりません。後からそのサービスを使いたくなっても、アカウントを事前に取っておかなければ、他の人に押さえられていて使えない可能性があるのです。
 
最近は、少しでも使いそうなサービスが発表になったら、すぐに登録するようにしています。多少時間は取られますが、そのサービスが広く使われるようになったとき、気に入らないアカウントを使うよりはマシです。大袈裟に言えば、新サービスが成功する確率に対して先行投資を行なっているわけです。
 


Outlook.comは押さえるしかない

アカウントを押さえるときの気持ちとして、「成功しそう」と「成功したら困る」の二種類があります。前者はおもしろそうなサービスを見付けたとき、後者はインターネットの巨人が何らかのサービスをはじめたときです。
 
マイクロソフトは巨大です。今はGoogleのGMailがフリーメールサービスの代表ですが、入れ替わらないとも限りません。自分はマイクロソフトのアプリケーションやサービスにあまり期待をしていないのですが、それでも「押さえるしかない」と考えたわけです。
 
皆さんもOutlook.comのアカウントを早めに押さえたらいかがでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.