Yahoo!好きの日本はガラパゴス状態?


この記事の所要時間: 050秒 〜 150秒程度(643文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 

photo credit : Webempires.org

 
これはWebempires.orgに掲載されていたインフォグラフィックです。世界各国でもっともトラフィックを集めるサイトをマップ化しています。世界全体を見渡せば、GoogleやFacebookが「支配」している国が多いようです。
 


カメルーンと二人ぼっち


そんな中、日本を「支配」しているのはYahoo!で、仲間はカメルーンだけです。インターネット普及の過程が各国で違うことなどが影響しているのでしょうが、日本はほぼガラパゴス状態にあります。
 
もちろん、世界のデファクトスタンダードに合わせることだけが良いとは限りません。しかし、インターネットでは、利用者が多いサービスほど新しく優れたサービスを生み出す活力が大きいのも間違いないでしょう。この場合、「我が道を行く」が良いとは思えないのです。
 


まずは現状認識から


一人一人がどのサービスを使うかは誰かが決めるようなことではありません。誰にも変えようが無いことです。それでも、正しく現状を認識することは無駄でないでしょう。
 
日本人のYahoo!好きは世界的に見ればかなり稀少です。そして、このことが悪い影響を与える可能性があります。
 
このことを自覚するために、冒頭に挙げた画像はあまりに雄弁です。こういうチカラ強い画像によって、正しい現状認識が少しでも進めば良いと考えています。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.