ブランドカラーを比較すると・・・


この記事の所要時間: 130秒 〜 230秒程度(996文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
BrandColorsは、いろいろな企業やサービスのブランドカラーを一覧で紹介しているユニークなページです。かちびと.netの記事(様々な有名Web系企業が採用した「ブランドカラー」をコレクションしている・BrandColors)で知りました。
 


ブランドカラーが再現できる


このページの特徴は、各ブランドカラーのカラーコード(6桁の16進数)がわかるところです。このコードさえあれば、HTMLや各種アプリケーションで色を再現することができます。つまり、Evernoteを紹介するページで強調色にEvernoteカラーを使うとか、各社を比較するグラフでそれぞれのブランドカラーを使用するとか、さまざまな応用が可能になるのです。
 


カラーコード順に並べ替えると・・・


ブランドカラーを「濃い赤」「少しくすんだ青」などと表現しても比較はできません。しかし、カラーコードならデータとして扱うことができます。これも良いところです。
 
試しに、ブランドカラーをカラーコード順に並べ替えてみました。

 Pinboard  Atlassian  AOL  Flickr (blue)  Garmin  Softonic  Rdio  Twitter  Skype  Engadget  Behance  Virb  Samsung  LinkedIn  Squarespace  Delicious  WordPress (blue)  Foursquare  GetGlue  Tumblr  Intuit  QUOTE.fm  Facebook  Dropbox  Technorati  GitHub  WordPress (grey)  Deviantart  Envato  Disqus (blue)  Forrst  Evernote  Zootool  Carbonmade  Instagram  Spotify  Heroku (dark)  Yahoo!  Vimeo  Kickstarter  eBay  Pinterest  XBOX  Readability  Zerply  Android  LastFM  Yelp  YouTube  Heroku (light)  Virgin Media  WordPress (orange)  Google+  Disqus (orange)  Fab.com  Ubuntu  kippt  Path  Amazon  Meetup  Designmoo  T-Mobile  Dribbble  Etsy  HTML5  Lego  Pocket  RSS  Verizon  Ember  IMDb  Gimmebar  StumbleUpon  Grooveshark  Blogger  Aim  Sprint  Adobe  Flickr (pink)  SoundCloud 

 
カラーコードは赤、緑、青の3要素を組み込んであらわしたものなので、ただ並び替えただけでは近い色が集まるとは限らないのですが、それでも似た色を使ったサイトが何となくわかるでしょう。
 
以前も書いた通り、ブランドカラーは重要です。
たまには、こんな見方をして、自社のブランドカラーを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.