都道府県比較ランキングサイトが凄い!


この記事の所要時間: 120秒 〜 220秒程度(902文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
都道府県別統計とランキングで見る県民性(とどラン)というサイトがあります。各種統計情報を都道府県間で比較し、その結果を地図に色付けしたものを公開しているページです。どうも佐々木は、地図を使って一覧性を出した図表に弱いようで、特に興味を惹かれます。
 
例えば、これは最近公開された「小中学生長時間ゲームプレイ率」のマップです。

photo credit : 都道府県別統計とランキングで見る県民性(とどラン)

 
文部科学省の全国学力テストから小学6年生で平日2時間以上ゲームをしている子ども割合を抜き出したもので、偏差値化して色に変換してあります。この図表を紹介しているページの下部には元となったデータも示してあるのですが、こうやって図表で見れば北海道が圧倒的に高く、中国や九州で低いことがすぐにわかります。例外もありますが、太平洋側で高く日本海側で低い傾向も読み取れるでしょう。やはり、地図であらわすわかりやすさは強力なようです。
 
他にもいろいろな都道府県比較の地図があってそれだけでも価値あるサイトなのですが、このサイトの凄さはそれだけではありません。更なる仕掛けが用意されているのです。
 


意外な相関が見付かるかも


ポイントは、各記事の途中にある「分布が似ている記事」欄です。
今まで使った都道府県別の指標値をデータベース化してあり、その日公開したデータと相関している指標を自動算出して発表しています。今回紹介した「小中学生長時間ゲームプレイ率」で言えば、「中学生長時間ネット利用率」や「小学生長時間ネット利用率」と相関が強いことがわかります。また、少し相関係数は下がりますが「喫煙率:女性」とも相関があるようです。
 
まあ、多くの指標が年齢別人口構成比や人口密度などと相関していることが原因だと思いますが、意外な相関がわかったりします。相関の理由について記事で推測されていることも多いですが、自分で考えてみても楽しいでしょう。
 
いずれにせよ、見ていて楽しいサイトなのは間違いありません。オススメです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.