アップル = グーグル + フェイスブック + ・・・


この記事の所要時間: 10秒 〜 20秒程度(786文字)

photo credit : photography.andreas via photo pin cc

中小企業診断士の佐々木孝です。
 
米国時間9月12日、アップルがiPhone 5を発表しました。IT系のニュースサイトを中心に、大量の記事がアップされているので存知の方も多いでしょう。
 
このイベントはすべてのアップルユーザー、アップルファンにとってはお祭りみたいなものですから、昨晩から今朝に掛けていつにも増して膨大な量のアップル関連の情報が入り乱れています。その中に印象的な1枚のインフォグラフィックを見付けました。
 


アップルも「満つれば欠くる」?


photo credit : visual.ly

これは、アップルの株式時価総額がいかに大きいかをあらわす1枚です。
エクソンモービル、マイクロソフトを押さえて世界一の時価総額であり、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどIT企業10社の時価総額の合計をはるかに上回っていることが表現されています。まさに現在のアップルの栄華を示すインフォグラフィックと言えるでしょう。
 
とは言え、株式時価総額は株価を元に算出しているので日々刻々と変化します(この図は2012年8月21日現在)。そして、企業の栄枯盛衰は最近とみに激しさを増しています。「満つれば欠くる」は世の習いですから、アップルもいつの日か欠けてくるのでしょう(ロゴのように?)。
 
iPhone 5を受けて、1週間後、1か月後にこの図がどうなるのか。また、1年後、5年後、10年後にはどうなっているのか。その変化を継続的に見てみたいインフォグラフィックです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.