これならできる!ビジュアルライフログのすすめ


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(583文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 

photo credit : Stefano Agabio

 
これはMY DAY INFOGRAPICという1枚です。
1日の生活を10分毎にビジュアルであらわしています。過ごした場所を色で、そこで行なった行動をアイコンで示しているため、細かな説明がなくてもどのような1日だったか想像できる素晴らしいインフォグラフィックです。
 


ライフログをデータとして活用したいなら

実はこれ、イタリアのコミュニケーション・デザイナー・Stefano Agabioがつくったもので、ある1日の生活ではなく日常的な1日をあらわした「作品」のようです。しかしながら、ビジュアルライフログと言いたくなる、このアイコンをうまく利用した記録方法はかなり「使える」ように思います。
 
ライフログはどの程度の細かさで記録するかが難しいですが、このレベルなら記録が簡単です。その上、記録がビジュアルと連動しているので、どんなことに使う時間が増えたか/減ったかを後から振り返ることも容易になります。ライフログを思い出として考える人には合わないでしょうが、データとして活用したい人にはオススメの記録方法です。
 
この作品を見本に自分に合わせた分類をつくり、オリジナルのビジュアルライフログをつくってみたらいかがでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.