Googleでできる、たった3つのこと


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(816文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 

Photo by edudemic.com

 
これは、Googleの多彩な機能を紹介するインフォグラフィックです。
掲載されている機能が多いため縦長になっていますが、各機能の説明は3つずつ。とても端的なインフォグラフィックと言えるでしょう。冗長でないところが佐々木の好みです。
 


ポイントは編集力

最近、インフォグラフィックを見ていて感じるのは、情報を編集することの大切さです。
 
数多ある情報の中から伝えたいメッセージに役立つものを取捨選択して、ストーリーをつくり出すことが、インフォグラフィックには欠かせません。この点は一般的な書類づくりと変わりないのです。
 
イラストや図表にすることでわかりやすさが増すとはいえ、情報の編集がなされていなければ誰もが簡単に理解できるようなインフォグラフィックにはならないでしょう。文書やデータを、ただ単にイラストや図表に置き換えただけでは受け手の理解は進まないのです。わかりやすいインフォグラフィックをつくるためには情報の編集、それも一般的な書類よりも厳しい基準での取捨選択が必要になりそうです。
 


制約条件を付けることの価値

そして、編集の際に役立つのが、制約条件を決めることです。
今回紹介しているインフォグラフィックでは、すべての機能を3つであらわしています。「3つ」で説明することに何ら根拠はないものの、フォーマットを決めることで無駄に冗長になることを防げるのです。制約条件がなかったら、このインフォグラフィックはまったく違ったものになっていたでしょう。
 
根拠のない制約条件は本末転倒のようにも思われます。しかし、制約条件を付けて考えることで、メッセージが単純化して他人に伝えやすくなるのも間違いありません。
頭の体操を兼ねて、制約条件を付けて考える習慣を試してみたらいかがでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.