「ドリルと穴」を使い易くフォーマット化!


この記事の所要時間: 140秒 〜 240秒程度(1104文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
今週はここまでマーケティング発想法にフォーカスしてブログを書いてきました。
 
どの記事もマーケティング発想法の

 人は製品を買うのではない。
 製品がもたらすベネフィットに対する期待を買うのである。

という考え方に基づいてはいるものの、あまり統一感は読み取れなかったことでしょう。この指摘があまりに根本的なもののため、同じマーケティング発想法を使って考えてもいろいろなアプローチが可能で、その結果、統一感がなくなってしまうのです。
 
マーケティング発想法を提唱するセオドア・レビットは、マーケティングの具体的なノウハウよりもその考え方や哲学を優先します。レビットの言っていることは極めて重要ですが、「こうすればできる」というような類のものではないために使い勝手が悪く、このままでは折角の有効な考え方があまり役立ちません。
 
そこで、マーケティング発想法で考えるためのフォーマットをつくってみました。
 

photo credit : Cayusa via photopin cc

 


これがマーケティング発想法のフォーマットだ!


マーケティング発想法
ファイルのダウンロードはココから

 
いかがでしょう。

 ①実際に売れている製品/サービスをスタート地点に
  ↓
 ②それを使うことによってもたらされる効果を書き出し
  ↓
 ③効果の中から肝となる真のベネフィットを見付け
  ↓
 ④代替品の可能性/危険を考える

というストーリーです。
 
わかりやすくするため、右側に有名な「ドリルと穴」(「人は四分の一インチの穴を買うのであって、四分の一インチのドリルを買うのではない。」)の適用例を入れました。②のもたらされる効果と③の真のベネフィットが似ていますが、効果はたくさんあって当然で、その中から最も求められている真のベネフィットを見つけるイメージです。
 
正直、完成度は「まあまあ」というレベルです。
しかし、それでもこのフォーマットを使うことでマーケティング発想法が少しでも身近になり、真のベネフィットにたどりつき易くなるのは間違いないでしょう。自社についてでも他社についてでも、その商品コンセプトや戦略を熟考するならこのモノの見方は外せません。
 
これまで同様、PDFファイルのダウンロードができるようにしました。
ぜひご活用ください。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.