「ものづくり」を成功させるには・・・


この記事の所要時間: 450秒 〜 550秒程度(2626文字)


最近、ものづくりという言葉をよく見掛ける。
日本のものづくりは素晴らしく、これを復活させることで日本を立て直そうという文脈が多い。
 
雇用不安、産業空洞化など現在の日本が抱える問題を解決する方策として、ものづくりに期待が集まるのは当然だろう。国内の製造業が元気になれば、たくさんの労働者が必要になり、多くの富が生み出される/分配されるという考え方は、長いこと広く信じられてきたからだ。
 
とは言え、ものづくり偏重の考えに強烈な違和感を覚えるのも間違いない。
過去のものづくりでの成功を引き合いに、今でもものづくりさえすれば成功できるという単純化された議論を見受けるが、本当だろうか。多くの場合、「日本の技術力が優れている」ことを論拠とするが、にわかに信じ難いものがある。ものづくりを神話化して、思考停止に陥っているように見えるのだ。【ものづくり → 素晴らしい】の安易なカテゴリー適用法に思えてならない(カテゴリー適用法について詳しく知りたい人はカテゴリー適用法に気をつけろ!を参照のこと)。
 
日本の技術力が高いことは間違いないにしても、今の時代、他国の技術力も充分高い。最先端の部分を別にすれば、日本ほどの高い技術力がなくてもつくれるものはたくさんある。そして、このような労働集約型の産業では賃金の安い新興国にかなわない。
 
今後、日本がものづくりで再興するためには、過去の栄光を捨てた方が良いだろう。
少しでも品質の良いものを、少しでも安くつくるというアプローチを今の日本でやっても、成功は難しい。賃金の高い日本では、付加価値の高い製品をつくる必要があるのだ。ただし、付加価値が高いことと品質が高いこととは必ずしもイコールではない。そう、ここがポイントになる。
 
ものづくりという言葉からは製品志向が連想される。
何せ「もの」づくりだ。そこに顧客の姿は見えず、「もの」の方に焦点があてられている。要は、「良いものをつくれば買ってくれる」という考え方であり、残念ながらこれでは成功は覚束ないだろう。
 
高い付加価値を実現するためには、「もの」そのものについてだけでなく、その「もの」が「顧客をいかに満足させるか」を考えなくてはいけない。つまり、顧客志向だ。しかし、製品志向に陥ると何よりも「良いもの」をつくることが優先されてしまう。そして、ものづくりという言葉にはその危険な薫りがかなり濃厚に漂っている。ものづくりの文脈では、本来手段である筈のものづくりが目的化されてしまうのだ。
 
さて、ものづくりの危険から逃れるためにも、製品志向の企業が新製品開発で気を付けなくてはいけないことを考えてみよう。
 

photo credit : Joe Branco via photopin cc

photo credit : Joe Branco via photopin cc

 


新製品は仮説に過ぎない


企業は、自社が「良い」と思う新製品を発売する。
自社が考える「良い」が消費者の「良い」とフィットしたときに、その新製品は成功することになる。
 
当然ながら、新製品に対する自社の「良い」という考えはある種の仮説に過ぎない。ところが、製品志向をこじらすと、「この製品は良いものなのだから売れる筈だ/売れるべきだ」となる。わからない発想ではないものの、この考えにはまると不幸が近寄ってくる。
 
どんなに素晴らしい製品でも、市場に打ち出してその評価を受けるまではただの仮説に過ぎないことを謙虚に受け入れる必要がある。つまり、自社が考える「良い」が消費者の考える「良い」とフィットしているのか、この仮説を検証することが大切になるのだ。
 


仮説は真摯に検証しよう!


新製品を実際に売り出せば、その新製品が「良い」という仮説が正しかったかどうかわかるだろう。しかし、売り出してから仮説が間違っていたことがわかっても手遅れだ。
 
そこで、市場調査などを使って新製品を事前に検証することになるが、ここに大きな問題がある。
 
多くの場合、検証が真摯に行なわれないのだ。新製品の開発に携わったメンバーが、自分たちに有利な情報ばかりを集めて新製品の発売を目指すようなことが平気で行われている。もちろん、これらの情報を元に上司なり経営陣なりが新製品発売の最終判断を下すことになるとはいえ、その判断力には限界がある。優秀な開発チームであればあるほど、この手の情報収集がうまい。「新製品が売れる」という虚構を見抜くことは極めて困難だ。
 
この部分の仕組みを見直すのは容易ではない。
すぐに改められるなら、どこの企業でもとっくの昔にやっているだろう。いずれにせよ各社各様の対策が必要で、ここでそれを明示することはできない。それでも、まずは新製品という仮説を真摯に検証しなくてはならないと気付くだけでも価値があると考えている。
 


「やっぱりやめた」は恥ずかしくない


新製品の開発に関連した人は、誰もがその製品の発売、成功を望むだろう。
しかし、発売に向けた開発の途中で「思ったような性能が出ない」、「外部環境が変化した」などの障害が発生することも多い。
 
そんな場合でも、人はその新製品をどうにか発売しようとする。
せっかくここまでやってきたのだから「もったいない」という考えだ。でも、本当に恥ずかしいのはやめられないことだ。開発者のプライドを守るために、明らかに失敗する可能性が高い新製品を発売して、会社に大きな損失を与えてはならない。「やっぱりやめた」は恥ずかしくないのだ。
 
これについても明解な解決策は見出せないが、このことを肝に銘じて新製品開発にあたる必要がある。
 


すべての人に顧客志向を!


さて、ここまでは「簡単にはできない」の繰り返しだ。「で、どうしたらいいの?」と思う人も多いだろう。
 
確かに、製品志向の陥穽から抜け出すことは容易ではない。
この部分は表面的なノウハウではなく、心の奥底にある価値観だからだ。そして、だからこそすべての人が顧客志向を忘れないことが近道となる。
 
最後に精神論のようで恐縮だが、そうとしか言いようがない。ご勘弁を。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.