中小企業でもハッカソン?


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2285文字)


ブレーンストーミング、ワールドカフェ、ファシリテーション、・・・。
 
人が集まって何らかのアイデアを生み出し、それを実現するための手法は、これまでにもたくさん開発、提案されてきた。どれも完璧ではないものの、型無しで藪から棒に議論するよりは効率が良いため、実際に企業の中で使われることも多い。人々のアイデア出しに対する情熱は凄まじく、このニーズに応えようと次々に新しい手法が編み出されているのが現状だろう。玉石混淆どころか石石混淆の感も否めないが、それでもどこかしら役立つところがあるのがこの種の手法のおもしろいところだ。
 
さて、ハッカソンをご存知だろうか。
ハッカソンは「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、10年くらい前から使い出された言葉だ。ハックというと「ハッカー」を連想してマイナスのイメージを持つ人が多いかも知れないが、ここでは「高い技術を駆使する」程度の意味で使っている。要は、その技術を何にどのように使うかが問題で、ハッカソンではこれをプラスに使うことを前提としているのだ。
 
ハッカソンは、プログラマーやグラフィックデザイナーなどの技術者たちがたくさん集まり、同じ目的に向かって集中的に共同作業をするイベントだ。イベントの期間が1日〜1週間と長いため、マラソンと組み合わせた呼び名にしたらしい。実際にプログラムをつくり、その成果物を最後にプレゼンテーションで競うことも多い(参考:ハッカソン|ウィキペディア日本語版)。
 
このハッカソン、やや毛色は違うもののアイデア出しの手法と捉えることもできそうだ。言葉の由来からIT関連のイベントで使われることが多いが、アイデア出しの部分に注目する限り分野を限定する理由はない。そして、日本でも今年あたりそろそろはやり出しそうな気配がある。
 
ハッカソンは定義が曖昧でバズワード感たっぷりな言葉だが、人を惹き付ける何かがある。バズワード化して、これを商売に使いたい企業の訳のわからない解釈が加わる前に考察しておくのも悪くないだろう。
 
そこで、ハッカソンの魅力をあぶり出し、中小企業で応用するための方法を考えてみることにした。
 

photo credit : foursquare HQ via photopin cc

photo credit : foursquare HQ via photopin cc

 


「成果を形にする」のが素晴らしい


ハッカソンの魅力は何か。これに答えるのはかなり難しい。
そもそも明確な定義がなく、その内容も主催者やイベントの位置付けによって違うからだ。このため、ハッカソンについての記事をいくつも読んだ一個人の印象として、ハッカソンの魅力をまとめてみた。
 
 自由な雰囲気 
ハッカソンからは「やりたい人がやる」という作業ポリシーが伝わってくる。
「仕事なので」とか、「誰かに頼まれた」とかではなく、自分のスキルや能力を見せるために「好きでやってる」という感じがするのだ。少しでも良い成果物を目標に作業していても、そこに義務感は生じていない。自分のできる範囲で自分のできることをやっているためか、とても自由な雰囲気を醸成できているように思う。
 
 高い目的意識 
では、なぜそんな自由な雰囲気で素晴らしい成果物がつくり出せるかといえば、それは参加者一人一人の目的意識が高いからだろう。
 
利用者のリクエストにうまく対応できていないアプリケーションを改良するとか、製品やサービスのまったく新しい使い方を生み出すとか、その時々の目的を共有しながらも、個人個人が楽しみながら全力でそれに応えようとしているのだ。ある種の知恵較べのようなものなので、目的意識が純化している。何かと邪魔になる外野からの声も少なく、目的に集中できている印象を受ける。
 
 成果を形にする 
そしてハッカソンは、議論だけで終わらせず、成果を形にする点が何より素晴らしい。理念や理想に燃えて議論するだけでなく、それを実現してこそハッカソンなのだ。「プログラムだからできる」と言ってしまえばそれまでだが、成果を机上の空論に終わらせないところは、企画会議などの空疎なやり取りを知る人間から見ると極めて魅力的に映る。
 


アイデア出しを切り出そう!


さて、中小企業での応用を目指してハッカソンの魅力を考えてみたが、その多くは組織とあまり相性の良くない特徴のようだ。既存の組織でアイデア出しがうまくいかないことを裏打ちする特徴にさえ思える。つまり、アイデア出しをするにあたって障害となる「組織の力学」の多くを取り除いたものがハッカソンなのだ。
 
それでも、アイデア出しのような企画作業を通常業務から切り出す方法は有効だろう。
企画作業にあたっては、部署横断で自主参加のプロジェクトチームのようなものを立ち上げ、普段の企業のルールとは切り離して成果を目指させるのだ。チームを複数つくって競わせることができれば、なお良い。これに報告書ではない成果物を要求すると、上で挙げた3つの魅力が揃うことになる。更に言えば、できる限り最初の段階で合宿などを行なって、短期集中を演出した方が良いだろう。
 
まさに画餅のような結論でお恥ずかしいが、ハッカソンの良いとこ取りをする発想は悪くない。後は各社の各論だ。ものは試しで、具体的に取り組んでみたらいかがだろうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.