浜松と宇都宮は餃子が日本一「高い」街?


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2129文字)


2012年の「餃子日本一」は浜松市だ。
では、何をもって「餃子日本一」としているかをご存知だろうか。
 
日本一とは、何らかの指標が他と較べて最も高いということだ。しかし、どの指標を使った日本一が最適なのかは、誰にもわからない。その結果、「言ったもの勝ち」に近いこともある。多くの場合、情報の受け手はそんな些細なことは気にせず、「日本一」というラベルに目を奪われるため、言い切ってしまえば「日本一」が成立するのだ。
 
しかしだからこそ、どんな「日本一」なのかを確認することが大切になる。数ある「日本一」の中には、かなり怪しいものも含まれるからだ。
 

photo credit : kanamas via photopin cc

photo credit : kanamas via photopin cc

 


浜松と宇都宮は餃子が高い?


浜松市と宇都宮市が争っている餃子日本一は、1年間に1世帯が購入した「ぎょうざ」の購入金額を根拠にしている(以下では、表記を「餃子」に統一)。総務省が実施している家計調査のデータだ。細かく言えば、「二人以上の世帯」についての、都道府県庁所在市および川崎市、浜松市、堺市、北九州市の比較結果となる。
 
ここに大きなトリックがある。
比較しているのは購入金額であり、購入数量ではないのだ。
家計調査は、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを調べるものなので、金額を基準にランキングすることは極めて自然だ。しかし、多くの人が「餃子日本一」から連想する「餃子を日本一食べる」都市を知るには、購入金額よりも購入数量の方が適しているだろう。
 
家計調査では餃子について購入数量を調査していない。
しかし、購入頻度(100世帯あたり)があり、年間集計結果が公表されている平成23年データのこの部分をランキングすると以下のようになる。

 ①浜松市   893回
 ②福井市   890回
 ③京都市   845回
 ④長崎市   842回
 ⑤前橋市   839回

餃子全国2位の宇都宮市は750回でベスト20にも入らない結果だ。
 
なぜこんなことになるかと言えば、1回あたりの餃子購入金額に大きな開きがある。

 ①宇都宮市  498.3円
 ②浜松市   483.0円
 ③宮崎市   381.7円
 ④鹿児島市  380.3円
 ⑤東京都区部 377.9円

いかがだろう。
宇都宮市と浜松市は、他の都市と比べて1回あたりの餃子購入金額が圧倒的に高いのだ。1世帯あたりの人数は浜松市が多く、宇都宮市が少ないもののこの差を説明できるほどの開きはない。
 
そうすると、宇都宮と浜松の人たちは、「値段の高い餃子を食べているか」、「一度にたくさんの餃子を食べているか」ということになる。後者だったら餃子好きに相応しい(?)が、前者だったらどうだろう。ブランド化してしまったために高い餃子を食べているだけだとしたら、餃子日本一の印象からはかけ離れたものになる。
 
また、家計調査は自己申告の調査だ。
この不自然なまでの金額の高さを見ると、一部市民が「余計な気を使って」購入額に下駄を履かせている可能性も疑われる。あくまで部外者の無根拠な邪推に過ぎないが、担当者が調査結果を真剣に検討するのなら、この部分の確認は必要になる。
 


自家製餃子はノーカウント


「餃子日本一」には、もう一つ無理がある。
 
それは、家庭でつくる餃子をカウントしていない点だ。
家計調査の「ぎょうざ」は「調理食品」なので、焼き餃子および生の餃子が対象になる。真の餃子好きが喜びそうな自家製餃子も、手抜きで食べる冷凍餃子もノーカウントとなる。もちろん、お店で食べる餃子も入らない。
 
ここは家計調査の設計の問題であり(そもそもそういう目的ではないので仕方ない)、ランキングをつくった人に責任はないが、これも餃子ランキングにとっては弱みと言えるだろう。
 


どんなデータでもあればいい???


さて、面白半分に餃子日本一を取り上げたが、実のところ餃子に興味はない。
ポイントは、ランキングデータは物ごとのある一面しかあらわしていないということだ。使用する指標を変えれば、いくらでも順位は変動する。
 
今回取り上げたのは餃子日本一だから笑い話で済むが、ビジネスの現場においてもかなり無理のあるランキングやデータが存在する。担当者に何らかの意図がある場合、データの取り扱いに慣れていない場合、それしかデータがない場合など、いろいろだ。
 
よく「データに基づいた議論を」と言うが、ここでいうデータとは議論に資するデータだ。どんなデータでもあればいいというものではない。いい加減なデータや不適切なデータを元に議論をしても、間違った結論を導くだけだ。
 
これを肝に銘じ、少しコストや手間が掛かっても、本当に役立つデータを追い求めることが必要だ。それがビジネスの成功につながる。

  1. 浜松餃子は高いけど宇都宮餃子は他より断然安いです
    なぜ一回当たりに買う金額が高いのかと言うと
    宇都宮餃子は中の餡が野菜多めに加えタレも酢を多めにしていてアッサリしているので
    食べ盛りの中高生男子なら20個30個ペロリと食べられます
    そういう事を調べもせず宇都宮市民を嘘つき呼ばわりまでする始末
    あなたは相当な無能だと考えられますね

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.