Yahoo!グループのメールは2割が届かない!?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1708文字)


何人かのグループでメールのやり取りをするとき、メーリングリストの代わりにYahoo!グループを使うことが多い。中小企業診断士のデファクトスタンダードなのか、勉強会やプロジェクトに参加するたび新しいYahoo!グループを使う羽目になる。現在参加しているグループの数は合計20個。グループにより活発/不活発の差があるとは言え、Yahoo!グループから毎日かなり多くのメールが届く。
 
Yahoo!グループで困るのは、たまにメールの未着があることだ。それも、感覚的には最近特に増えている。届いた/届かなかったで揉めることは少ないものの、不便な思いをすることは多い。
 

Photo credit : Pascual López / CC BY Photo credit : Pascual López / CC BY

 


先月は約2割のメールが未着!


「感覚的には最近特に増えている」ではあまりにいい加減なので、どのくらいのメールが届かないのか調べてみた。期間は先月(2013年11月1日〜30日)。Yahoo!グループに残る投稿の記録と、自分のアカウントにあるメールを比較して到着/未着を判断した。スマートフォルダと検索を併用したとは言え、手作業で数えたので多少の間違いはあるかも知れないが、あっても数件程度だろう。
 
さて、集計した結果は以下の通りとなる。

メール未着

 
いかがだろう。なんと先月は約2割のメールが未着になっているのだ。「未着が多い」という認識はあったものの、実際のデータを見るとかなりびっくりする。作業が案外大変で、1か月分だけの集計にとどめたため増えた/減ったの議論はできないが、これだけ届いていないとわかれば充分だろう。
 
もちろん、これは一個人のたった1か月のデータでしかない。過度な一般化は避けるべきだし、ここからわかることは限られている。それでも、Yahoo!グループのメールは届かないこともあるのは確認できるだろう。環境によっては、その比率は2割にも達する。
 


手の打ちようナシ


断っておくが、未着メールは迷惑メールフォルダにも入っていない。迷惑メールの有無は充分に確認した。また、Yahoo!グループにある配信エラーの履歴もチェックしている。配信エラーの記録は残っていない。こうなると、自分から見えている現象だけ見れば、メールがどこかに消え失せてしまったような状態となる。
 
考えられるのは、何らかの理由でYahoo!側がメールを送信できなかったか、同じく何らかの理由でこちら側のメールサーバーがメールを受信できなかったかだ。以前も記事に書いた通り、受信側のメールサーバーがメールの受け取りを拒否したのかも知れない(参考:「電子メールが届かない」のは誰のせい?)。送信側、受信側のどちらに原因があるかは不明で、トラブルの原因はよくわからない。
 
ただ、間違いないのは、これらのトラブルの場合、素人には解決が難しいということだ。受信するメールアドレスを変えることは可能だが、これは前にやった限りあまり効果はなかった。そうなると、もう万事休す。専門的な知識があれば、いろいろな方法が取れるのかも知れないが、そこは素人の悲しさ。「手の打ちようナシ」が結論となる。
 


グループページで投稿をチェックするしか・・・


Yahoo!グループは個人で利用しているサービスと違うため、多少の不具合があっても使い続けるしかない。その結果、現在はそれぞれのグループページで新しい投稿をチェックしている。メールほど頻繁にチェックできないものの、1日1回チェックするだけでもメールの見逃し自体は避けられるので、届いた/届かなかったのトラブルを未然に防ぐことができるだろう。便利なシステムを使った筈がこんなことをしていたのでは本末転倒甚だしいが、自身の信頼を失わないためには必要な作業となる。
 
どんなシステムも過信は禁物。Yahoo!グループを使っている人は、「メールは届かないこともある」と考えておいた方が安全だ。Yahoo!に文句を言うつもりはないが、そういう割り切りの上で使ったほうが良いシステムのように思う。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.