Yahoo!リアルタイム検索を使おう!


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1605文字)


ウェブ検索、ニュース検索、ブログ検索、画像検索、動画検索、・・・。
インターネットに公開されるコンテンツが多様化するに従い、いろいろな目的に特化した検索が使われるようになってきた。その中で、意外に知られてないのがリアルタイム検索だ。インターネットに強い人が知らないことも多く、驚かされることがある。
 
リアルタイム検索はTwitterとFacebookが対象。数秒前にアップされた投稿までもがヒットし、一度検索結果が出た後も最新情報が更新されるので、正にリアルタイムの情報が入ってくる。ちょっと強烈なツールだが、これを楽しめる人には、ちょっと癖になる程の便利ツールとなること請け合い。リアルタイム検索を知らなかった人には、ぜひ、一度試してみることをオススメしたい。
 

リアルタイム

credit: monkeyc.net via FindCC

 


今を知る!

リアルタイム検索の使い方は簡単。Yahoo!のトップ画面で、検索窓の上にある「リアルタイム」部分を押せばいい。後は普通に検索するだけだ。実際に検索すればわかるが、いつもと違った検索結果画面になり、いくつものTwitterとFacebookの投稿が表示される。見慣れてない人にはかなり刺激的な結果だろう。
 
以前は、リアルタイム検索と言えばGoogleだったが、2011年にサービスが終了してしまった。今、まともに機能するリアルタイム検索はYahoo!のみだろう。本家のTwitterで検索するよりも素早く情報が反映されるのだから、他の選択肢は考えられない。
 
リアルタイム検索は「今を知る」のにとても役立つ。特に、発生したばかりの事件や事故、そのとき放送しているテレビ番組の感想などとの相性は抜群。一般のウェブ検索ではヒットしない最新情報を手に入れることができるのだ。iOS版、Android版のアプリもあるので、外出時の利用も何ら問題ない。
 


ブログ検索の代わり?

リアルタイム検索でヒットするのは「一般人による最新の生の声」。これを知りたいというニーズは常にあり、以前はいくつかの検索サイトが提供する「ブログ検索」が応えていた。しかし最近、ブログ検索は広告の多さ等ですっかり下火になっている。Googleのブログ検索は検索結果画面の「もっと見る」メニューから消えてしまったし、Yahoo!やBingはそもそもブログ検索が見当たらない。
 
これに取って代わったのがリアルタイム検索なのだろう。「一般人による最新の生の声」を知る手段として、現時点でこれを上回るものはないように思う。誰もリアルタイム検索自体を求めている訳ではないが、これが使えるツールなのは間違いない。
 


ノイズは多いが・・・

ただし、リアルタイム検索はノイズが多い。書き込んだばかりの投稿を検索するという仕組みの問題もあり、その結果はかなりアバウトだ。検索した単語が含まれる同じニュースの投稿ばかり並ぶこともあるし、リアルタイム検索をターゲットにしたと思われる広告っぽい投稿が出てくることも多い。
 
しかし、リアルタイム検索の魅力はその玉石混淆なところでもある。種々雑多な情報がひたすらヒットするさまは、なかなか壮観。インターネット上に、型にはまったウェルメイドな情報が増える中、その猥雑さは刺激に事欠かない。
 
裏が取りにくいような情報も多く、リアルタイム検索がどれだけ役に立つかは怪しい部分もあるが、使い方はあなた次第と言えよう。それでも、一つの手段として、ちょっとした楽しみとして、知っておいて損はないだろう。やはり、Yahoo!リアルタイム検索はオススメの検索方法だ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.