『角川類語新辞典』をオススメします!


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2022文字)


文章を書いていると、言葉選びに詰まるときがある。
自分の使った言葉がしっくりせず、気持ち悪い思いをするのだ。意味としては合っているし、そのままでも充分通じるけど、必ずしも適切とは言い切れず何とも座りが悪い感じ。「嵌ってない」とでも言おうか。もっとぴったりの言葉があるような気がして、自身の語彙の少なさや言語感覚の鈍さを恨みつつ、頭を悩ませる羽目になる。
 
そんなときに役立つのがシソーラスだ。「単語の上位 / 下位関係、部分 / 全体関係、同義関係、類義関係などによって単語を分類し、体系づけた辞書」のことで、任意の単語に関連する言葉を探すことができる類語辞典の一種となる(参考:シソーラス|ウィキペディア日本語版)。最近はgoo辞書Weblioでも広義の類語辞典を使えるので、日常的に類語を参照する人も多いだろう。
 
自分の場合、シソーラスといえば『角川類語新辞典』(大野晋、浜西正人/角川書店/1981年)となる。昔から使っているというのもあるが、どうにもこれでないと始まらない。独特の楽しさがあり、とても気に入っているため、他をもって代え難いのだ。万人向けかと問われれば否と答えるしかないが、同好の士にぜひオススメしたい逸品である。
 

辞書

credit: Truthout.org via FindCC

 


10 × 10 × 10で、〆て1,000項目


『角川類語新辞典』は「言葉を意味別に分類して体系づけた辞典」。収録するすべての言葉を、語彙分類体系表で1,000個の項目に分類している。大分類が0.自然、1.性状、2.変動、3.行動、4.心情、5.人物、6.性向、7.社会、8.学芸、9.物品の10個。この大分類それぞれに10個の中分類があり、ひとつひとつの中分類が10分類にわかれる。10 × 10 × 10で、〆て1,000項目となる訳だ。

『角川類語新辞典』

 
例えば、ビジネスに関する言葉で見れば、「企業」は「3.行動」の「36.労役」の「369.産業」に、「利益」は「7.社会」の「74.取引」の「744.損得」に、「客」は「5.人物」の「53.仲間」の「535.主客」に入っている。細かく言うと、「客」は同じ「535.主客」の中に2つ含まれており、「b.客人 ― 人の家を訪れてくる人」と「c.顧客 ー 商売上の良い客」の両方に登場する。後者の方に含まれる関連語は、客の他に、顧客、得意、常得意など19個。「客」の言い換えである常連や大尽、特定の状況での「客」の言い方をあらわす浴客や遊覧客、それ以外にも客筋、客種といった周辺の語が含まれている(引用はすべて1991年発行の第二十一刷から)。

『角川類語新辞典』

 
調べたい言葉は、五十音順の索引で属する項目の番号を検索する。番号を頼りに、その言葉が掲載されている箇所にたどり着く訳だ。複数の項目番号が対応する言葉もあり、その場合は自分がそのときに使いたい意味の項目を選んで確認することになる。
 


言葉探しが楽しくなる


この『角川類語新辞典』を使って何が良いかといえば、言葉探しが楽しくなることだ。一つの言葉を調べて、いくつもの別の言葉に触れられるのが何とも嬉しい。自分が普段あまり使わない言葉を目にすることが知的刺激になり、はじめに探した言葉をより深く理解できる。普通の辞書では得られない独特の知見が手に入るのだ。
 
加えて、語彙体系があるおかげで言葉の広がりがいろいろ見えてくる。例えば、前述の「369.産業」の前には、「368.職業」があり、「367.仕事」がある。そして、「職業」は「暮らしを立てるために行う仕事」、「産業」は「商品を造り出すいろいろな仕事」という語釈。ここからすぐに何か結論が導けるわけではないものの、これらの言葉の関係を考えるきっかけにはなるだろう。これを楽しめるかは人それぞれなので万人向けとはいえないのだが、言葉好きの人にはこの辞典は堪えられない。
 


ぜひ、紙の辞書で!


実は、『角川類語新辞典』にはiOS版、Android版のアプリケーションがある。また、一部の電子辞書にも掲載されいるようだ。実際に使ってないので滅多なことは言えないが、紙の辞書よりも検索性能がいいのだけは間違いないだろう。持ち歩きにも便利だし、値段も安い。合理的に考えるなら、電子媒体の一択となる。
 
しかしそれでも、この辞書は紙にこだわりたい。
『角川類語新辞典』のポイントは言葉の広がりを知ること。この広がりを実感するのに、物理的に紙としてあることが必要だと思うのだ。やや感傷的なようだが、ここだけは譲れないところ。ぜひ、紙の辞書としての『角川類語新辞典』をオススメしたい。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.