アイス・バケツ・チャレンジとネズミ講


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2009文字)


8月後半、日本でもアイス・バケツ・チャレンジが大きな話題となった。ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者支援のためのアメリカ発のこの企画。その拡散スピードは凄まじく、何とも異様な広がりを見せた。日本ALS協会によれば、「8月18日から31日までの2週間で、協会に寄せられた寄付は合計2747万円」とのこと。単純に1人1万円と考えると、2,747人が寄付したことになる(「アイスバケツチャレンジ」に日本ALS協会が感謝のコメント 募金額は2週間で2747万円に|ねとらぼ)。
 

 ●指名された人は24時間以内に
   ・ALS協会に100ドルを寄付する
   ・頭から氷水をかぶる
  のいずれかを選ぶ ※両方を行なってもよい

 ●次にバトンを渡す3人を指名する

アイス・バケツ・チャレンジ企画の肝はこの基本ルールにある。(1)対象者1人が「3人を指名する」ため、その対象者は指数関数的に裾野を広げて増加する。しかも、(2)「24時間以内」という厳しい条件があることにより、1回転のサイクルが早い。そして、(3)寄付も氷水も強制ではないとはいえ、根底にチャリティの理念があるので何となくスルーはし難い。これら3つの条件が揃った結果、対象者の輪が勢いよく広まった訳だ。いつの間にか収束したようだが、何かの拍子に再燃すればまた同じような現象が起きないとも限らない。
 

pyramid selling

credit: Nickay3111 via FindCC

 
このルールとその広がりを見て、俗に言う「ネズミ講」を連想した人は多いだろう。その目的は大きく違うと言えども、拡散の様相は極めて似通っている。1人が複数人に紹介することで、巻き込まれる人数が爆発的に増えていく仕組みに変わりはない。ことが善意の広がりならば、それはそれでいいように思うかも知れないが、ネズミ講を連想するような拡散の仕組みには大きな注意が必要だ。一つ間違えれば、収拾の付かないことになる。たとえ善意の連鎖が目的だとしても、不用意に手を出さない方が無難だろう。
 


21日目には100億人!


さて、まずはデータ的なお話。
紹介されたすべての人が「次にバトンを渡す3人を指名する」を律儀に守ったらどうなるだろうか。これは非常に単純だ。1人が3人に、3人が9人に、9人が27人にと、まさに指数関数(3のn乗)で紹介人数が増えていく。1人の状態を0日目とすると、10日目は新たに59,049人(3の10乗)が紹介されることになる。それまでの蓄積は含まない新規の紹介人数だけを考えても、20日目には3,486,784,401人(3の20乗)。21日目には100億人を超えて、世界人口を大きく上回ることになる。
 
もちろん、実際には、指名を受けても無視する人や次を指名しない人がいてこうはならない。ただし、指名する人数が平均で1人を切らなければ拡散は限りなく続く。ここに注意が必要だ。平均1人を切ればいつか収束するが、1人を上回っている限り対象者となる人は際限なく増え続ける。平均を1.1人としても、100日目には1万人を大きく超え、200日目には1万人 × 1万 = 1億人、300日目には1億人 × 1万 = 1兆人となってしまうのだ。
 


誰もコントロールできない状態に・・・


そして、1人が何人を指名するかは制御不能。ここがモノを売ったりするタイプのネズミ講と違うところだ。ネズミ講の場合は、紹介者側が利益を得るため、紹介した相手先を何らかの形で管理する。このため、良し悪しは別にして広がりの速度をコントロールできるのだ。講で販売する商品の品切れを起こせば、連鎖を止めることさえできるだろう。誰を指名したかを管理しない善意の連鎖にはこのコントロールが効かない。ここが問題だ。
 
人の心は移ろい易い。善意のつながりにも、いつか逆風が吹いてくる。今回のアイス・バスケット・チャレンジでも見受けられたが、風向きが変わることがあるのだ。そもそも善意の広がりを管理できていなければ、そこに吹く逆風に対策することは不可能。仕組みだけつくって、後は自然に広がるのを待てばいいとはならない。ネズミ講のようなやり方で何かを増やそうとするときは、この部分に注意する必要がある。管理の方法を確保しない限り、連鎖を梃子に使うことは大きなリスクとなるのだ。
 
目的が何であれ、ネズミ講もどきの拡散は危険を伴う。何らかの方法で管理ができればいいが、それは実際には難しい。ちょっとした思い付きが、取り返しの付かないことに成り兼ねない。これを機に、ネズミ講もどきの拡散のリスクを認識して欲しいものだ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.