「ウィルス広告」は広告ブロックで防げ!?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1630文字)


読売新聞に広告表示したら感染…ソフト最新化を急げという興味深い記事があった。トレンドマイクロの記者向けセミナーを受けたもので、バナー広告を「表示しただけ」で感染するウィルスを紹介している。
 
「ウィルス広告」とでも呼びたいこの新手の攻撃で厄介なのは、「あやしいサイトには近寄らない」という対策が効かないところ。インターネット広告の配信がカオス状態になっていることを利用しているため、「一般向けの正規サイト」でも感染するおそれがある。
 
現に、「不正広告の表示が推測される国内サイト(2015年7月〜10月)」は、
 ●ブログ・Wiki・レンタルWeb 63%
 ●企業・ビジネス 7%、
 ●ニュースメディア・情報ポータル 4%
 ●その他国内サイト 4%
 ●アダルトサイト 2%
 ●海外サイト 20%
となっており、企業サイトやニュースサイトにも危険があるとのこと。つまり、「ウィルス広告」については安全地帯などない。どこでウィルス感染しても不思議はないのだ。
 
さて、記事では「ウィルス広告」対策として、
 ●ソフトウェアを常に最新バージョンにすること
 ●総合型のセキュリティー対策ソフトを使うこと
の2つが挙げられているが、これにはまったく別のアプローチも有効だと考えられる。それが、この記事のタイトルに登場する広告ブロック。臭い匂いは元から絶つのが一番だ。
 

ブロック

credit: Alexas_Fotos via pixabay

 


「Adblock」で広告を非表示に!


広告ブロックは、その名の通り広告をブロックするアイテム。ブラウザに機能拡張をインストールすることで、広告を非表示にできる。広告を見ないユーザーに対する批判や対抗策もあるようだが、ホームページのコンテンツに集中するためには有効な機能だ。
 
自分が使っているのは「Adblock Plus」で、広告ブロックの代表的なアプリ。広告ブロックは「Adblock Plus」と「AdBlock」がまったく別な製品だったりとややこしいが、「Adblock」をキーワードにして検索すれば類似のアイテムがいくつもヒットする。後はその中から好みのものを適当に見繕って、インストールすればいいだけだ。
 
これらの広告ブロックを入れれば、サイトで表示される広告が大幅に減少する。記事で提案された広告を表示することを前提にしたアプローチより、広告自体を表示させない方が安全なのは間違いないだろう。その対策の性格上、広告で成り立っているメディアには登場しにくいアプローチだろうが、危険なものは元から断つに越したことがない。
 


広告ブロックをオススメします


注意点があるとすれば、広告ブロック機能はすべての広告を非表示にしないということ。「ホワイトリスト」というものがあり、ここに掲載された比較的良質な(?)広告は表示されることもある。このため、絶対安全とはならないわけだ。
 
ただし、ウィルス対策は確率で考えるしかないのも確か。ウィルスを完璧に防ぐことなど夢物語で、少しでも感染の確率を下げるようにいくつもの対策をするしかない。最新ソフトのインストールも、ウィルス対策アプリの導入も、Adobe Flash Playerの停止も同じことだ。そこに、広告ブロックを加えれば、より一層、ウィルスに感染するリスクが小さくなることになる。
 
広告が大好きでたくさん見たい人は別だが、そうでない人は広告ブロック導入を検討する価値があるだろう。広告を見ないことへの批判に対しても、「ウィルス広告が怖い」という大義名分がある。これを機会に、広告ブロックの導入をオススメしたいところだ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.