スマホアプリ、1日10本は使い過ぎ!?


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1617文字)


現代の生活に欠かせないスマートフォン。もちろん、まだまだフィーチャーフォンを使っている人もたくさんいるが、一度スマホを使ってしまうとなかなか手放せなくなる。最近は、常に手元にないと落ち着かないなどという人も多いようだ。
 
このスマートフォンについて、おもしろい調査結果があった。スマホでのアプリケーション利用についてのデータだ。さて、1日に10本のスマホアプリを使う人は、アプリの使い過ぎなのだろうか。
 

credit: JESHOOTS via pixabay

 


スマホアプリに「30:10ルール」あり!?


このスマホアプリのデータはApp Annieによるもので、「利用するアプリケーション数は、月間30本以上」、「1日平均でも9本のアプリケーションを利用」という結果。アプリの利用本数には国によるバラツキがあり、記事中のグラフから判断する限り日本は1日10本ちょっとくらいだ。つまり、アプリの利用が1日10本なら、多くも少なくもなく平均程度ということになる(参考:レポート:スマートフォンでのアプリケーション利用本数は9本/日、30本/月|TechCrunch)。
 
この30本/月、10本/日という数値はプリインストールのアプリケーションも含めたもので、他の調査でも似たような数値が上がってきているとのこと。参考に挙げた記事では、「こうしたアプリケーション利用本数については「30:10ルール」などという名前も付けられている」としている。Google等で検索しても「30:10ルール」はヒットせず、本当にそんなルールがあるのかはあやしいが(翻訳の問題?)、スマホアプリの利用が月に30本、日に10本という「30:10ルール」は、ひとつの目安として覚えておいて損はないだろう。世の中にいくらスマホアプリが増えても、ユーザーの利用アプリ数が常にこの程度に留まるなら、新規アプリ開発者は、この数少ない席を争うことになる。
 


自分のスマホアプリ利用本数を確認するなら・・・


さて、1スマホユーザーとして気になるのは、自分がどのくらいのアプリを使っているかだろうか。よく使うアプリは何となく覚えていても、今日、何本のアプリを使ったかはすぐにわからないものだ。
 
iPhoneの場合、これを簡単に確認する方法がある。「設定」アプリの「バッテリー」を呼び出せば、下のほうにアプリ別の「バッテリーの使用状況」が表示されるようになっているのだ(iOS 10.3.1で確認)。ここを見れば、24時間以内にいくつのアプリを使ったのかが一目瞭然となる。極端に使用時間が短いアプリは表示されないようだが(バッテリー使用シェア1%未満?)、自分のスマホアプリ使用が平均と比べて多いのか少ないのか確認してみるといいだろう。自分の場合、たった6つのアプリだった。
 


まずは現状把握を!


更に、怖いもの見たさに、「バッテリーの使用状況」の右上にある「時計」マークを押してみることをオススメしたい。このマークを押すと登場するのは、当然、各アプリの使用時間。普段、何となく使っているスマホにどれだけ時間を取られているか確認できるわけだ。何であれ、まず現実を直視することが大切。実際に目にすれば、自分がスマホに案外時間を使っていることに驚く人も多いだろう。お金の無駄遣いと違って、時間の無駄遣いは気づきにくいものだ。
 
普段、何気なく使っているスマホだからこそ、その利用データを見れば収穫がある。スマホの使い過ぎを安易に批判するのは賛成しないが、現状を把握しなければ何もはじまらない。スマホアプリの利用本数や使用時間を、一度、確認してみたらいかがだろうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.