カテゴリー : データ活用

最近、東京のカラスが増えたと感じる理由


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2215文字)


都の対策で減ったと言われている東京のカラスが、最近、また増え出したように感じられる。街を歩いていてカラスを見かけることも多く、カラスが減っている状態に慣れたせいか、見ると少しぎょっとする。無闇に生き物を嫌うのは良くないと思うものの、いずれにせよ気持ちのいいものではない。
 
さて、ここまでは自分の印象なのだが、実際はカラスは減っているという。東京都環境局のデータによれば、平成27年度(2015年度)の都内におけるカラスの生息数は11,900羽で、前年度と比べて3,000羽の減少となる。少し長期的にデータを見ても、徐々に減ってきている感じ。増えたり減ったりを繰り返しているものの、2015年度の生息数は直近のピーク(2008年/21,200羽)の半分近くなので、減っているのは間違いないだろう。
 
自分の印象では増えているものが、公式のデータ上では減っている不一致な状態。では、なぜこんな食い違いが起きるのだろうか。今回は、この不一致の理由について、データで考えるときの注意を織り交ぜつつ考えてみよう。
 

credit: gounder via pixabay

 
続きを読む

空調の設定温度は科学的根拠で決められる?


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2452文字)


今年もクールビズがはじまった。最近はクールビズに関係なくノーネクタイの人も多く、5月1日から「はじまった」という印象が弱くなるほど。それだけこのキャンペーンが成功しているということだろう。
 
今年のクールビス開始のニュースで目立ったのは、設定温度28度に科学的根拠がなかったという話題。その真相は定かではないが、「さもありなん」という感じだ。なぜ、「さもありなん」かといえば、空調の設定温度が科学的根拠で決められるという前提があやしいため。今回は、空調の設定温度が科学的根拠でも簡単に決められない理由を、データ活用の視点で説明してみる。
 

credit: matuska via pixabay

 
続きを読む

スマホアプリ、1日10本は使い過ぎ!?


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1617文字)


現代の生活に欠かせないスマートフォン。もちろん、まだまだフィーチャーフォンを使っている人もたくさんいるが、一度スマホを使ってしまうとなかなか手放せなくなる。最近は、常に手元にないと落ち着かないなどという人も多いようだ。
 
このスマートフォンについて、おもしろい調査結果があった。スマホでのアプリケーション利用についてのデータだ。さて、1日に10本のスマホアプリを使う人は、アプリの使い過ぎなのだろうか。
 

credit: JESHOOTS via pixabay

 
続きを読む

高齢者の事故は本当に増えている?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1960文字)


ゴールデンウィーク中も相次いだ交通事故のニュース。最近、メディアでよく取り上げられている印象なのが高齢者による交通事故だ。検索してみると、今月に入ってからだけでもNHK(5月2日 高齢者ドライバーの事故 病院や銀行などでも相次ぐ)と朝日新聞(5月4日 高齢者の事故 誤操作が最多 急がれる社会の取り組み)がニュースにしている。
 
さて、ここで気になるのが、高齢者による事故は本当に増えているのかということ。連日の報道で高齢者の事故が増えたような印象を持ちやすいが、「今日も高齢者による事故が起きました」は事実であっても、統計にしてみないと事故が増えたか、減ったかはわからない。そこで今回は、実際に高齢者の事故は増えているのか、平成28年交通安全白書に当たってみた。データとしては、平成27年(2015年)のものだ。
 

credit: auntmasako via pixabay

 
続きを読む

午前中5時限授業は効果的?


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2248文字)


本日、5月5日はこどもの日。国民の祝日に関する法律によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ための日だという。5月5日は端午の節句なので、男の子の日というイメージも多少あるが、当然、「こどもの日」のこどもに男女の区別はなし。祝日法上は、父親は無視され、母親だけが登場する。
 
さて、子供の人格や幸福に大きな役割を果たすであろう教育をどう行なうべきかの議論は難しいが、最近おもしろい動きがあることを知った。一部の小学校で、午前中の授業数が4時限から5時限に変更されているというのだ(参考:広がる午前中5時限 授業増でも放課後ゆとり 県内の小学校|西日本新聞)。長年続く従来のやり方を変えるこの変更。果たして、午前中5時限授業に効果はあるのだろうか。
 

credit: facethebook via pixabay

 
続きを読む