カテゴリー : データ活用

工務店は鈴木、佐藤、田中の順に多い


この記事の所要時間: 10秒 〜 20秒程度(742文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
今回はネットで見付けたちょっとおもしろいデータを紹介します。
それは東京商工リーサーチの全国261万社の商号調査です。
 

商号ランキング
photo credit : 東京商工リーサーチ

この調査、タイトルにもある通りなんと全国261万社の商号を集計しています。2012年版『中小企業白書』に掲載されている非1次産業の企業数(大企業含む)が約420万社ですからかなりのカバー率です。このレポートによると、全国で最も使われている商号は「アシスト」で609社。515社の「ライズ」、478社の「アドバンス」がこれに続きます。1位の「アシスト」はサービス業他(196社/構成比31.7%)、建設業(100社/同16.2%)、小売業(79社/同12.8%)で多くなっています。
 
上位にカタカナ商号が並ぶ中、14位の鈴木工務店を筆頭にいくつかの工務店がランクインしているのも特徴的です。〇〇工務店という商号は、鈴木工務店 > 佐藤工務店 > 田中工務店の順で多いこともわかります。
 
さて、このデータはまさにビッグデータそのものです。
最近インターネットで取り上げられているビッグデータ活用は複雑な解析を行なって「何かを見出そう」という取り組みが多いですが、今回紹介したような単純な集計にこそビッグデータが活きてくると佐々木は考えています。複雑な解析を行なった場合、結果を示すアウトプットに曖昧な部分が多く、要はデータを解釈する人間の主観次第でどうにでもなるようなところがあるからです。
 
今回のデータを見て、こういう地道でありながら楽しく、そして有効なビッグデータの活用がもっと増えたらいいのにと、つくづく考えました。

調査のチカラを活用しよう


この記事の所要時間: 020秒 〜 120秒程度(408文字)

photo credit : 調査のチカラ
photo credit : 調査のチカラ

 
中小企業診断士の佐々木孝です。
 
今回は情報収集に役立つサイトを紹介します。それは調査のチカラです。
調査のチカラは、インターネット上で公開されている数多くの調査データを集約しているサイトです。簡単に検索もできるので、知りたいテーマについての調査結果をすぐに見ることができます。
 
データに慣れていない人が毎日見ておもしろいサイトではありませんが、何かを調べたいときに便利です。一般に公開されたデータはその調査を行なった企業・団体の調査目的があるので、必ずしも自分が知りたいことに直接答えてくれるとは限りません。それでも、ちょっとしたヒントを得るには役立ちます
 
まずは自分関わっている業界について、どんなデータがあるかご覧になってはいかがでしょうか。「知ってるつもり」になっていることについて、意外な発見があるかも知れませんよ。

ビッグデータの活用は目的じゃない


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1127文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。

ビジネスの現場でデータを活用することはとても重要です。
データの活用により①意思決定の精度向上、②業務プロセスの効率化などが実現できるからです。

小売店を例に考えると、

 ①商品別の売上高データがわかれば取り扱い商品の入れ替えがスムーズにできる
 ②曜日別の来店客数のデータによりアルバイトの人数を調整可能

ということになります。もちろん、データの使い道は無数にあります。業種や業態でデータの使い方に違いはありますが、データ活用が業績向上を後押しするのは間違いありません。
 

photo credit : 写真素材 足成 photo credit : 写真素材 足成

 
とは言え、企業に対して「データを使いましょう」と直接提案するのはいささか滑稽です。なぜなら、データ活用は手段であって目的ではないからです。企業が抱える課題について相談を受けたとき、それに対して「データの活用が役立ちます」と答えるのが自然でしょう。どんな経営課題でもデータ活用は有力な答えと成り得ますが、最適解とは限りません。データ活用を課題解決の前提にするのは間違いです。データ活用はあくまで課題を解決する手段の一つと考える必要があります。自分の場合、「馬鹿のひとつ覚え」のようにデータ活用を提案しないよう自戒しています。
 
さて、最近、ビッグデータという言葉をよく聞くようになりました。
さまざまな企業がビッグデータの活用を勧めていますが、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか。その理由は、まるでビッグデータの活用を目的のように扱っているからだと思っています。ビッグデータを使うこと自体を「良いこと」、「最先端の企業が行なうべきこと」として、相手先企業の現状や経営課題を考えずに推奨しているように思えてなりません。
 
「まずビッグデータありき」で、それに見合う経営課題を探しているようなアプローチになっています。ビッグデータを商売にしたい企業の「大人の事情」があるのはわかりますが、それに巻き込まれてはいけません。利用者側の企業は、経営課題を起点に自社に役立つかを考えて、ビッグデータ活用を導入すべきか判断することが必要です。
 
ビジネスで何らかのトレンドが起きると、自社に必要かを考えずに飛びつく人、企業があります。もちろん、大きな成果を生むこともありますが、失敗する企業も数多くあります。成功した企業は大声で喧伝し、失敗した企業は黙って撤退するため、情報を見ていると成功企業が多いように見えますがこれは大きな勘違いです。
 
何ごとも、手段を目的化せず、自社の目的にあった手段を選ぶ力を身につけることが必要になります。

22.5件/1日、77.5文字/1件ペースでツイート中


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(588文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
Twitter関連で、Twilogを使い始めました。
このサイトにTwitterのアカウントを登録すると、1日分のつぶやきがまとめて見られるようになります。まあ、それだけのことなんで「だからどうした!」と言えばそれまでなのですが、見やすい状態で自分のつぶやきの一覧を見ると、そこからまた新しい発見がありそうな予感がします。
 
このサービスには、Twilog Statsという統計情報のページもあります。これを見ると、佐々木は22.5件/1日のツイートをしていて、文字数は77.5文字/1件だということがわかります。朝6時台〜7時台のツイートが多く、土曜日はあまりつぶやかないようです。データ好きの立場からすると、この手のデータはたまりません。特に無意識にやっている作業のログを解析したものは、自分の癖を見ているようでおかしな気分になります。
 
この統計データを他の人の分まで見られるのも凄いですね。
オープンで発信している情報を統計しているだけですから何も不思議ではないのですが、ちょっと怖いようにさえ思います。こういうデータを何万人分も集めて解析を掛ければ、いろいろなことが分かりそうです。まあ、佐々木はプログラムが書けないので直接どうこうはできないのですが、アイデアならいくらでも出せるのにと思った次第です。