カテゴリー : データ活用

桜の開花が早まると・・・


この記事の所要時間: 140秒 〜 240秒程度(1101文字)


彼岸に入り、今週の日曜日(3月20日)は春分の日。暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、だいぶ春めいてきた。朝晩の冷え込みももう少しの辛抱。程なく、少し動いただけで汗ばむ季節がやって来る。
 
春は桜の季節。日本気象協会の桜の開花予想(3月16日発表)では、今年2016年の東京の開花予想日は3月21日となっており、日当たりの良い場所ではそろそろ咲きはじめてもおかしくない。ここ数日の予想気温も高いようなので、この三連休中に開花宣言となるのは間違いなさそうだ。
 
さて、桜の開花は春らしくて結構だが、いくぶん早過ぎるように感じるは自分だけだろうか。以前は、桜といえば3月末に咲き出して入学式ごろに五分咲きから満開というイメージ。そこで、この食い違いについてデータにあたってみた。
 

サクラ

credit: stux via pixabay

 
続きを読む

うるう年の統計学 2月の統計に水増しアリ?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1903文字)


3月に入って早1週間。小売、外食産業などでは2月の月次売上速報が出はじめている。多くのデータに、前年同月比の増減率が付いているが、難しいのがその捉え方だ。
 
何せ、先月2月は4年に1度のうるう月。日数が1日多いのだから、売上は前年同月比で伸びていて当然と考えられる。あまり好調でない会社でも、1日の水増し(?)のおかげで売上増加となる可能性があるだろう。うるう年の統計は、少し悩ましい。
 

プラス

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

女性のプログラマーは優秀なのか


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1558文字)


広義に考えるなら、プログラマーとは「コンピュータのプログラムをつくる人」のことだ。この定義では、職業としての各種プログラマーだけでなく、趣味で書いている人、学校で習っている人などもプログラマーとなる。IT産業の拡大により近年急増しているイメージのプログラマーだが、プロ/アマを問わなければその裾野は更に広がるだろう。
 
当然、老若男女さまざまなプログラマーがいる。しかし、プログラマーと聞いて男性を連想する人は未だに多いだろう。コンピュータが限られた人たちの趣味だったころの名残りだろうか。自分の場合で言えば、女性のプログラマーがたくさんいることを知っていても、第一感で思い浮かぶのは男性だったりする。
 
これらの先入観も手伝ってか、プログラマーは男性向きの仕事というイメージがある。しかし、最近の研究では、プログラマーは女性の方が優秀らしい。
 

プログラマー

credit: Glafuski via pixabay

 
続きを読む

米大統領選挙 ブルームバーグ氏は誰の敵?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1359文字)


本日3月1日は、2016年アメリカ大統領選挙のスーパーチューズデー。民主党、共和党の予備選挙や党員集会が数多く実施される日だ。各候補にとっては、党の大統領候補者に指名されるための大切な戦いとなる。
 
民主・共和両党の候補者選びが続く中、取り沙汰されているのがマイケル・ブルームバーグ氏の出馬話。噂の段階なのでその詳細はわからないが、共和党の有力候補となったドナルド・トランプ氏の言動に危機感を覚えて、無所属での出馬を検討しているという。ニューヨーク市長を3期務めた同氏だけに、かなりの注目を集めているようだ。
 
さて、ブルームバーグ氏が出馬して、仮にブルームバーグ氏、トランプ氏、民主党候補の争いになったら何が起きるだろうか。現実的には、ブルームバーグ氏の意に反して、トランプ氏の後押しをすることになってしまうだろう。トランプ氏をホワイトハウスの主にしたくなければ、ブルームバーグ氏は出馬を控えた方がいいことになる。
 

white house

credit: Taken via pixabay

 
続きを読む

スマートフォンで地震を観測!?


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1280文字)

あまりの便利さで、「スマホ中毒」さえ生み出すスマートフォン。その万能さは誰もが承知のことだが、スマートフォンで地震の観測ができると言ったら驚く人も多いだろう。ところが、地震観測を可能にするMyShakeという取り組みは、既にカリフォルニア大学バークレー校ではじまっている(参考:スマホを全世界地震探知・通知ネットワークとして使うアプリ「MyShake」|GIGAZINE)。
 
もちろん、1台のスマホで観測できるのは、その場所での「揺れ」だけ。いろいろな場所で観測された「揺れ」を多数集めることで、地震の規模、震源などを推定するわけだ。多数参加のネットワークをフル活用した極めてインターネットらしい取り組みであり、今後に期待したい。
 

観測

credit: Engel62 via pixabay

 
続きを読む