カテゴリー : インターネット

TED Talksがおもしろい


この記事の所要時間: 130秒 〜 230秒程度(971文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
皆さんはTEDカンファレンスというイベントをご存知でしょうか?
これは年1回アメリカのモントレーで開かれる注目のイベントで、様々な分野の専門家が登場して刺激的なプレゼンテーションを繰り広げます。プレゼンテーターには著名人も多く、元アメリカ大統領 ビル・クリントンが登壇したこともあるそうです。
 
今回調べてわかったのですが、設立者の一人はリチャード・ソール・ワーマン。『理解の秘密』(松岡正剛訳/NTT出版)でインストラクション(指導、伝授、教授)の重要さを説いたのあの人です。
 
このTEDカンファレンスの模様はインターネット上で無料公開されています。もちろんプレゼンテーションは英語で行なわれていますが、ボランティア翻訳者による字幕付きの動画をTED Talks in 日本語で見ることができます(勝手に翻訳した野良ページではなく公式です)。いくら言葉で説明してもこのプレゼンテーションの凄さは伝わりません。ぜひ、実物をご覧ください。
 
TED Talksがおもしろい理由は、プレゼンテーターのレベルの高さ、テーマのユニークさ、表現の工夫、ユーモア溢れるプレゼン技術、聴衆のノリの良さ等々たくさんあります。しかし、佐々木が一番強く感じるのはプレゼンテータの情熱です。どうしても伝えたいことがあり、それをうまくインストラクションするために努力を惜しんでないところに大きな魅力を感じます。
 
特にオススメなのが、マット・カッツの30日間チャレンジです。
 

 
要は、どんなことでも30日間続ければいろいろ収穫があるという話なのですが、説明がうまいため奇妙な説得力があります。実はこれを見て「30日連続でブログを更新しよう」と思い立ち、ここ数日の連続更新となっている次第です。
 
さて、このTED Talksは4月からEテレ(NHK教育)の番組にもなっています。毎週月曜日の23時から放送されるスーパープレゼンテーションという番組です。毎回、厳選されたTED Talksが2本紹介されます。「30日間チャレンジ」も先日放送されました。興味のある方はご覧になってみたらいかがでしょうか。大きな刺激を得られることは請け合います。

22.5件/1日、77.5文字/1件ペースでツイート中


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(588文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
Twitter関連で、Twilogを使い始めました。
このサイトにTwitterのアカウントを登録すると、1日分のつぶやきがまとめて見られるようになります。まあ、それだけのことなんで「だからどうした!」と言えばそれまでなのですが、見やすい状態で自分のつぶやきの一覧を見ると、そこからまた新しい発見がありそうな予感がします。
 
このサービスには、Twilog Statsという統計情報のページもあります。これを見ると、佐々木は22.5件/1日のツイートをしていて、文字数は77.5文字/1件だということがわかります。朝6時台〜7時台のツイートが多く、土曜日はあまりつぶやかないようです。データ好きの立場からすると、この手のデータはたまりません。特に無意識にやっている作業のログを解析したものは、自分の癖を見ているようでおかしな気分になります。
 
この統計データを他の人の分まで見られるのも凄いですね。
オープンで発信している情報を統計しているだけですから何も不思議ではないのですが、ちょっと怖いようにさえ思います。こういうデータを何万人分も集めて解析を掛ければ、いろいろなことが分かりそうです。まあ、佐々木はプログラムが書けないので直接どうこうはできないのですが、アイデアならいくらでも出せるのにと思った次第です。

Twitter、やってます


この記事の所要時間: 010秒 〜 110秒程度(342文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
実は、このサイト以外にTwitterでも情報発信しています。
アカウントは@sasabizuです。
 
Twitterをやっているとは言え「いま、なにしてる?」をつぶやくことはありません。
気になるニュースやツイートを拾って、きまぐれにコメントするスタイルです。他愛ない思い付きを書いているだけですが、たまにはマーケティングやデータ活用の視点で意味の有りそうなことを書いています。
 
興味のある方は、ぜひご覧ください。
 

photo credit : Yiying Lu