カテゴリー : マネジメント

Twitterが乗っ取られやすいシンプルな理由


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1654文字)


経営不振が周知のものとなり、この秋には買収騒動も持ち上がったTwitter。アクティブユーザー数が頭打ちで、収益化も思うように進んでいないようだが、今でもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の代表格であることに変わりはない。「TwitterはSNSではない」という議論はさておき、SNSと言われてまず最初にTwitterを思い浮かべる人は多いはずだ。
 
Twitterでよく話題になるのが、アカウント(ログインする権利)の乗っ取り騒動だ。ある人のアカウントに別な人がログインして、勝手なことをつぶやいたりする事件が後を絶たない。この原因として、ユーザーのパスワード管理の甘さを指摘されることが多いが、Twitter側にも問題があるように思う。Twitterのログインの仕組みを考えれば、乗っ取られやすいのは当たり前だ。
 

credit: PDPics via pixabay

credit: PDPics via pixabay

 
続きを読む

今年の「小春日和」はいつからいつまで?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1316文字)


この時季のよく晴れた暖かい日を小春日和という。
英語では、インディアン・サマー(indian summer)。ロシアやヨーロッパにも似たような言葉があり、寒さに向かう中でちょっとホッとする暖かい日をありがたがるのは万国共通のようだ。
 
さて、この小春日和。早春の暖かい日を小春日和というのは明らかな誤用として、秋冬のいつからいつまで使っていいのだろうか。ポイントは、「小春」の解釈となる。
 

credit: Wokandapix via pixabay

credit: Wokandapix via pixabay

 
続きを読む

iOS 10、余計なお世話な新機能を無効にする


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1389文字)


iPhone 7の発売開始からはや半月。iPhone 7を手に入れた人はまだ少なくても、同時に発表されたiOS 10を使っている人は多いだろう。iOS 10のシェアがiOS 9を上回ったなどという記事も出ており、iOS 10ユーザーがすごい勢いで増えているのは間違いない。かく言う私もそのひとり。iPhone 7は見送ったが、iOS 10はインストール済みだ。
 
最近のiOSのバージョンアップは、OSとして成熟してきたせいか、比較的おとなしめだ。華々しい新機能は見当たらず、ちょっと間違えればバージョンアップしたことを忘れるくらい。しかし、その一方で、新OSを使っていると、細かな変更がユーザビリティの邪魔になる。操作のつまづきに苛立ち、元に戻す方法を探ることになるのだ。今回は、自分が無効にした新機能を2つ厳選して、その設定変更方法とともに紹介してみよう。
 

credit: attapontom via pixabay

credit: attapontom via pixabay

 
続きを読む

禁煙席で「iQOS」は吸える?吸えない?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1950文字)


加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」が好調だ。iQOSを吸うためのキットの累計販売台数が100万台を超え、専用葉たばこ「ヒートスティック」のシェアが2.7%まで伸びてきているというのだから、かなり存在感が出てきていると言えよう(参考:アングル:想定上回る「iQOS」人気、従来型たばこの販売に影響も|ロイター)。
 
ここで誰もが気付く素朴な疑問は、禁煙席で「iQOS」を吸っていいのかということ。iQOSは「煙の出ないタバコ」なので、字義的には吸っていいことになるのだが、そう簡単にはいかないだろう。更なるヒットの前に、考えておいて損はない問題だ。
 

  
続きを読む

2.05GBもあるiOSの更新はセキュリティの敵!?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1297文字)


先週、iPhoneやiPadで使われているiOSのバージョンアップがあった。「セキュリティー上の深刻な欠陥を修正するため」で、あらかじめ予定されたアップデートではない緊急度の高いセキュリテ更新だ(参考:アップルがiPhoneの欠陥修正、人権活動家が遠隔操作の標的に|ロイター)。
 
理由が理由なのですぐさまアップデートしたが、つくづく思ったのは更新に必要なデータ容量が大き過ぎるということ。自分の環境では、今回のiOSは2.05GBもあった。この更新にかかるデータ容量の大きさが、セキュリティの敵になっているように思えてくる。
 

 
続きを読む