カテゴリー : リサーチ

朝食人気ナンバーワンはマクドナルド!?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1652文字)


先日、ロイターに米マクドナルド、朝食好きの間で一番人気 2位サブウェイ=調査という記事があった。外食産業各社が「朝食」に注目していると言われる中、アメリカの朝食人気ナンバーワンはマクドナルドなのかと思ったが、どうもそうとは限らないらしい。
 
記事のタイトルで読み飛ばしてはいけないのは、「朝食好きの間で」という部分。ランキングがあるとついつい順位に目が行ってしまうが、どのような組成のランキングなのかをチェックしないと勘違いの元と成り兼ねない。今回の記事で紹介されている順位は、「朝食好き」な人たちによるかなり特殊なランキングだ。
 

朝食

credit: condesign via pixabay

 
続きを読む

原爆投下日アンケートは回答者構成に難アリ!?


この記事の所要時間: 630秒 〜 730秒程度(3481文字)


少し前に、NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解というニュースがあった。

NHK世論調査 原爆投下日を7割が不正解
 
被爆70年に合わせてNHKが行った世論調査で、広島と長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、正しく答えられなかった人がそれぞれ全国で7割程度に上り、専門家は原爆について意識を高めていく必要があると指摘しています。
NHKはことし6月下旬に、広島市と長崎市、それに全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で調査を行い、それぞれ1000人余りから回答を得ました。

まず、広島に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月6日」と正しく答えられた人は、広島で69%、長崎で50%、全国で30%でした。

また、長崎に原爆が投下された日付について聞いたところ、「昭和20年8月9日」と正しく答えられた人は、広島で54%、長崎で59%、全国で26%でした。〔略〕

 
直感的に意外なほど低い正解率で、どのような調査をしたのか興味を持っていたところ、NHK放送文化研究所で少し詳細なデータが公開されていた。『原爆意識調査(広島・長崎・全国) 単純集計結果』がそれだ。これを読むと、ニュースだけからではわからない歪みが見えてくる。
 

ゆがみから

credit: BriBra via pixabay

 
続きを読む

シークレットモードで歪みのない世界を見る


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1701文字)


最近のインターネットは、使う人に合わせてカスタマイズされている。インターネットにあるコンテンツは同じでも、使っている人によって見える部分や見え方が異なるのだ。各サイトで表示されるバナー広告などはその典型。これまでの閲覧ページなどのデータを使って、その人の好みに合う広告が出稿されるようになっている。厳密に言えば、「人」ではなく、「端末」や「アカウント」を単位にカスタマイズが行なわれている筈だ。
 
このカスタマイズの影響を受けないのが、各ブラウザにあるシークレットモードとなる。ブラウザによってはプライベートブラウズなど別の名前が付いていることもあるが、要はブラウズの秘密を守れるモードだ。閲覧履歴が残らないため、よからぬサイトなどを見るときに使うイメージが強いが、それは用途のほんの一部。シークレットモードは、自分自身向けにカスタマイズされていない、歪みのないインターネットを見るのにも役に立つ。
 

隠し

credit: STetzner via pixabay

 
続きを読む

暑さのピークはいつなのか?


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1479文字)


うっとうしい梅雨が明けて、夏到来。暑さが本格化してきている。クールビズが浸透していくらか過ごしやすくなったとはいえ、出歩いて仕事をするには厳しい季節だ。
 
ここで考えるのが、夏の暑さのピークはいつなのかということ。夏が堪えるのは、その暑さがいつまでもダラダラと続くことにもあるだろう。それなら、暑さのピークさえわかれば、「あとは涼しくなるだけ!」という気休めになるかも知れない。そこで今回は、夏の暑さのピークを調べてみた。
 

温度計

credit: Peyesces via pixabay

 
続きを読む

お客の不満は聞くな!? 脱八方美人のススメ


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2230文字)


日本でもおなじみの麦芽飲料・ネスレ ミロの原材料が変更され、「ひどい味になった」など不満の声が出ているという。これはニュージーランドでの話で、他の国について変更の有無や消費者の反応は不明だが、「さもありなん」と言えよう(参考:ミロの製法変更、NZで抗議続出 「ひどい味」「がっかりした」|AFPBB News)。長く親しまれている食品の場合、大幅な味の変更はなかなか難しい。新しい味への否定的な反応は、コカコーラやキリンラガーでもあったこと。味の変更は個人の嗜好に関わるものだけに、何を変えてもどこからかは不満が出るものだ。
 
今回の件で特徴的なのは、不買運動がFacebook上で行なわれていることだろう。普通ならくすぶる筈の消費者の不満が、6,000回以上の「いいね!」によって「見える化」してしまっている。不満の声がこういう形で集まったのはこれがはじめてではないだろうが、少し前までなら考えられなかった事態。不満が「見える化」していることで、メーカー側は更に慎重な対応が必要になるように思う。
 
とは言え、企業たるもの、お客の不満の声に従うだけではいけないのも確かだ。不満の声に適切に応じるためには、まず、現状把握のための調査をみずから行なう必要がある。
 

 
続きを読む