カテゴリー : リサーチ

難関校合格者には朝日小学生新聞読者が多い?


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2430文字)


先日、不思議な記事を見掛けた。日刊スポーツの難関私立中学の合格者は朝小の読者多いという記事だ。少し長いが、以下に引用する。

 難関私立中学の合格者には「朝日小学生新聞」(朝小)の読者の割合が高い-。

 そんな調査結果が10日、朝小を発行する朝日学生新聞社から公表された。

 今春の早稲田実業学校中等部(東京都国分寺市)で、聞き取り調査した合格者の36・8%(95人中35人)が朝小の現読者、またはかつての読者だった。慶応義塾中等部(東京都港区)では同41・1%(73人中30人)、東大寺学園中学校(奈良市)では同29・8%(161人中48人)だった。

 合格者からは「選挙記事などが分かりやすかった」「読む力、論理的に考える力がついた」などの声があったという。

 選挙の出口調査などに実績がある「ベルシステム24」に委託し、各中学の合格会場付近で聞き取り調査した。

 2014年の調査でも、灘中、女子学院中、筑波大付属駒場中で朝小読者の割合が4割を超えていた。

 
早稲田実業学校中等部、慶応義塾中等部、東大寺学園中学校の合格者は、3割〜4割が朝日小学生新聞(朝小)の現読者またはかつての読者だったとのこと。記事中には、「合格者からは「選挙記事などが分かりやすかった」「読む力、論理的に考える力がついた」などの声があったという」とあるので、直接的には書いていないものの「朝日小学生新聞は中学受験に効果がある」と言いたいのだろう。
 
さて、何が不思議かと言えば、記事で提示されているデータだ。果たして、この調査結果から「難関私立中学の合格者には「朝日小学生新聞」(朝小)の読者の割合が高い-。」と言えるだろうか。データを使った記事を読むと何となく納得してしまうが、よく考えるといささか疑わしい部分もある。
 

examination

credit: Xin Li 88 via FindCC

 
続きを読む

「春」のはじまりは何月何日?


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1426文字)


まだまだ寒い日はあるものの、暦の上ではすでに春。梅の花が咲きはじめ、スギの花粉もたくさん飛んでいる。春一番もそろそろ吹くだろう。待ち遠しい春は、もうすぐそこまでやって来ている。
 
さて、「春」は何月何日からはじまるのだろうか。季節の変化は徐々に訪れるので「春」のはじまりを決めようというのはナンセンスだが、日々下がり続けていた気温が上昇に転じるところを、「春」のはじまりと考えるのはあまり無理がないように思われる。気温のトレンドの転換点を「春」のはじまりとする訳だ。では、具体的には何月何日なのか。折角なので、ちょっと調べてみた。
 

cold

credit: leg0fenris via FindCC

 
続きを読む

花粉情報はこの4サイトで決まり!


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2339文字)


どうやら花粉が飛び出したようだ。本格的に感じるようになったのは、先週後半くらいから。何も対策をしないと、鼻がむずむずして、くしゃみが出て仕方がない。まだ耳鼻科に行くほどではないが、すでにマスクは手放せない状態。花粉症の人にとって、春は鼻のむずむずとともにやって来る。
 

sneeze

 
これからの時期、花粉情報が見たくなるのは自分だけではないだろう。症状が出ている限り花粉が多かろうと少なかろうと関係ないが、ついつい気になってしまう。そして、テレビやラジオからの情報もいいけど、やはり詳細な情報はインターネットから得るのが便利。そこで、今回は花粉情報を提供しているサイトを4つ紹介してみることにする。
 
続きを読む

高齢者はクレーマー? データの見方に要注意!


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1563文字)


日経電子版に掲載された「お客様は神様」じゃない 猛威振るう反社会的消費者という記事が一部で話題になっている。「コンビニ土下座事件」などの顧客トラブルを受けたもので、顧客との関係見直しを提案する内容だ。顧客との関係は商売を行なう上で最も大切なものでありながら、相手があることもあって一筋縄では行かないもの。見直しの方向性や手段は別にして、これを機会に顧客との関係を再考するのは悪くない取り組みだろう。
 
さて、この記事の中に「問い合わせの多くは60代以上」と題したグラフが掲載されており、「企業に電話で問い合わせをする人の35.8%は60代以上で他の世代よりも圧倒的に多い」とある。記事のトーンは、まるで高齢者にクレーマーが多いようなニュアンスだ。だが、果たして本当にそうだろうか。そもそもの人口構成比を無視しているのが気になってならない。
 

distortion

credit: EJP Photo via FindCC

 
続きを読む

新成人5万人増加の意味するところは?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1672文字)


週明け1月12日は成人の日。この1年間で20歳になった「新成人」は126万人で、前年と較べて5万人多い。新成人の増加は、実に21年ぶりのことだという。
 
参考:統計トピックスNo.85 「未(ひつじ)年生まれ」と「新成人」の人口-平成27年 新年にちなんで- (「人口推計」から)|総務省統計局
 
さて、この21年ぶりの「新成人」増加。人口について久しぶりに耳にするのプラスの話題のようだが、自分が知っている人口動態の現状とはどうも合わない。では、この変化にどのような意味があるのだろうか。
 

 
続きを読む