カテゴリー : テクノロジー

ジェネリック家電が売れる時代の原点回帰


この記事の所要時間: 440秒 〜 540秒程度(2579文字)


ジュネリック家電が売れているという記事があった。
 

今、“ジェネリック家電”が注目を集めている|週プレNEWS
特許が切れた医薬品(先発医療品)と同じ成分で別メーカーが作る薬を、ジェネリック医薬品(後発医薬品)という。効き目は同じなのに価格が安くなるため、最近は医師の処方にジェネリックを希望する人が増えている。これと似たような流れが、家電業界でも起こっているのだ。

家電製品の世界でも、あまり名を聞かないメーカーが製造する激安商品なのに、有名メーカーの人気商品に負けない性能を持つものが数多くある。〔略〕

テレビやHDレコーダーなどのAV機器やタブレットなどのITデバイスのほか、日常生活に欠かせない白物家電でも評判が広まりつつあるジェネリック家電。上質の製品を見極める目があればお金をかけずに生活向上できるだけに、ポイントを押さえて賢く使いたいものだ。

 
ここでジェネリックは「一般名称で販売される」「ノーブランド」の意味。ジェネリック医薬品と同様、「効き目は同じなのに価格が安くなる」ジェネリック家電が注目を集めているというのだ。記事では、家電量販店と家電メーカーの力関係に注目しているが、マーケティング視点で考えるとポイントは少し違ってくる。重要なのは、「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いが、消費者に届いていない点だ。
 
現代においてマーケティングを考えるとき、消費者がマーケティングを知っていることを前提にする必要がある。マーケティングが導入された初期の時代と違って、うぶな消費者はほとんどおらず、多くの消費者は企業のマーケティング活動をさめた目で見ている。「またやってるよ!」の類だ。今どきの消費者は、メーカーが必要のない機能を追加することで商品価格を吊り上げようとしていることを知っている。商品の機能が増えたことを素直に喜ぶほど、消費者は単純じゃない。
 
そして、この記事を読んで感じるのは、手だれの消費者が「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いに見向きもしなくなっている実態だ。メーカーが売り文句にする追加機能の多くがほとんど役立たないことに見抜いていて、そのことを隠そうともしない消費者像が見えてくる。
 
そんな時代にこれまで通りの戦略を実行しても、勝ち目がないのは自明と言えよう。
では、企業はどうしたらいいのだろうか。
 

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

 
続きを読む

3社乗り継ぎ切符なんていらない!


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1909文字)


東急東横線の副都心線、東武東上線、西武池袋線への乗り入れについて、3社乗り継ぎ切符(以下では【3社切符】)が買えないという記事があった(参考:川越→横浜、電車は直通でも…3社またいで買えない切符|朝日新聞)。「3社以上連続の切符は購入できないため、〔川越等から〕横浜に行く場合は乗り越し精算が必要」との指摘だ。
 
記事の見出しや内容から読み取れるのは、「せっかく便利になったのに不便な点が残っている」「まだまだ企業努力が足りない」という論調だ。しかし、よく考えてみて欲しい。【3社切符】を買えないことは本当に悪いことなのだろうか。
 

 
続きを読む

ビスコ注文殺到! ひと手間演出に商機あり?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1314文字)


スマイルビスコをご存知だろうか。
 
ビスコ発売80周年を記念した江崎グリコの企画で、このサービスを使えばオリジナルパッケージのビスコをつくることができる。ビスコ坊やの写真を差し替え、商品名の代わりにする言葉を決めて、スタンプを選べば完成だ。例えば、こんな感じになる。何なら、営業グッズにしてもいい。
 

スマイルビスコ

 
これが売れているらしい。
「予想を大幅に超える注文が寄せられ、約3カ月待ちの状況にある」というのだ。20個入りで2,460円(送料別)の値ごろ感もあってか、軽い気持ちでつくってみる人も多いのだろう(参考:江崎グリコ、オリジナルパッケージが人気-ビスコに注文殺到|日刊工業新聞)。
 
このオリジナルパッケージ、決して難しいものではない。
もちろん他社でも応用可能だ。
 
続きを読む

「ものづくり」を成功させるには・・・


この記事の所要時間: 450秒 〜 550秒程度(2626文字)


最近、ものづくりという言葉をよく見掛ける。
日本のものづくりは素晴らしく、これを復活させることで日本を立て直そうという文脈が多い。
 
雇用不安、産業空洞化など現在の日本が抱える問題を解決する方策として、ものづくりに期待が集まるのは当然だろう。国内の製造業が元気になれば、たくさんの労働者が必要になり、多くの富が生み出される/分配されるという考え方は、長いこと広く信じられてきたからだ。
 
とは言え、ものづくり偏重の考えに強烈な違和感を覚えるのも間違いない。
過去のものづくりでの成功を引き合いに、今でもものづくりさえすれば成功できるという単純化された議論を見受けるが、本当だろうか。多くの場合、「日本の技術力が優れている」ことを論拠とするが、にわかに信じ難いものがある。ものづくりを神話化して、思考停止に陥っているように見えるのだ。【ものづくり → 素晴らしい】の安易なカテゴリー適用法に思えてならない(カテゴリー適用法について詳しく知りたい人はカテゴリー適用法に気をつけろ!を参照のこと)。
 
日本の技術力が高いことは間違いないにしても、今の時代、他国の技術力も充分高い。最先端の部分を別にすれば、日本ほどの高い技術力がなくてもつくれるものはたくさんある。そして、このような労働集約型の産業では賃金の安い新興国にかなわない。
 
今後、日本がものづくりで再興するためには、過去の栄光を捨てた方が良いだろう。
少しでも品質の良いものを、少しでも安くつくるというアプローチを今の日本でやっても、成功は難しい。賃金の高い日本では、付加価値の高い製品をつくる必要があるのだ。ただし、付加価値が高いことと品質が高いこととは必ずしもイコールではない。そう、ここがポイントになる。
 
ものづくりという言葉からは製品志向が連想される。
何せ「もの」づくりだ。そこに顧客の姿は見えず、「もの」の方に焦点があてられている。要は、「良いものをつくれば買ってくれる」という考え方であり、残念ながらこれでは成功は覚束ないだろう。
 
高い付加価値を実現するためには、「もの」そのものについてだけでなく、その「もの」が「顧客をいかに満足させるか」を考えなくてはいけない。つまり、顧客志向だ。しかし、製品志向に陥ると何よりも「良いもの」をつくることが優先されてしまう。そして、ものづくりという言葉にはその危険な薫りがかなり濃厚に漂っている。ものづくりの文脈では、本来手段である筈のものづくりが目的化されてしまうのだ。
 
さて、ものづくりの危険から逃れるためにも、製品志向の企業が新製品開発で気を付けなくてはいけないことを考えてみよう。
 

photo credit : Joe Branco via photopin cc

photo credit : Joe Branco via photopin cc

 
続きを読む

4Kテレビの絶望 なぜ同じ失敗を繰り返す?


この記事の所要時間: 520秒 〜 620秒程度(2896文字)


先日、米ラスベガスで世界最大の家電見本市 CES(セス/Consumer Electronics Show)が開催された。世界各国の有力企業が数多くの新製品やプロトタイプを発表する注目のイベントだ。イベント自体が大き過ぎてその総体をつかむことは難しいが、漏れ伝わってくる新製品のニュースだけでもワクワクするものがある。
 
CESでは、日本の大手電機メーカーもたくさんの新製品を発表した。
その中で首を傾げたくなるのが4Kテレビに関するニュースだ。4Kの「K」はキロ=1000を意味しており、横の画素数が約4000(正確には3,840)を超えるテレビが4Kテレビと呼ばれる。現在のフルハイビジョンテレビと較べても数倍の画素数となり、とにかく画質のきれいさが自慢のテレビなのだが、果たして誰がこれを欲しがるのだろうか。
 
テレビを画面の美しさで評価するなら、4Kテレビは良い商品だ。
しかし、マーケティングの世界の常識では、良いものが売れるとは限らない。売れるのは、いくら品質や性能が悪くても誰かが欲しいと思う商品なのだ。そして当然ながら、自社の技術力を誇示できる新製品を発売しても、売れなくては意味が無い。
 
技術力を重視する企業は、この手の失敗を繰り返している。
無駄に品質・性能の良い商品を発売して、「結局、売れませんでした」、「消費者が付いてこれなかった」、「発売が早過ぎた」というパターンだ。
 
企業に余力があるのならば、これを続けていつの日かの大当たりを夢見るのもいいかも知れない。高い技術力というブランドイメージが役立つという発想もわからないではない。しかし、今日の日本の家電メーカー、そして製造業全般に至っても、もうそんな余裕はないように思われる。
 
そこで、これ以上同じ過ちを犯さないために、なぜこのような失敗を繰り返すのか、その理由を考えてみた。
 

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

 
続きを読む