カテゴリー : テクノロジー

誰がMAKERSになるのか?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2086文字)


『MAKERS』(クリス・アンダーソン/NHK出版)が話題になっているらしい。
 
「話題になっている」などという物言いは大体がいい加減で無責任なものだが、どこの書店でも平積みになっており、またAmazon.co.jpのベストセラーランキング(2012.12.12現在)でも総合29位、ビジネス・経済4位なのだから、売れているのは間違いない。
 
著者のクリス・アンダーソンはWIRED誌の元編集長で、これまでも『ロングテール』『フリー』を上梓している。両作品とも現代における社会の大きな変化を抽出・予測して好評を博しており、『MAKERS』もこの流れにある。同書が話題になるのは必然と言っていいだろう。
 
ものづくりがデジタル化すれば、誰もが製造業になれるようになり、世の中が良くなる。
極言すれば、『MAKERS』の主張はこの一文でまとめることができる。
(『MAKERS』についてもっと詳しく知りたい人は『MAKERS』を1章140文字でまとめてみたを参照のこと)
 
クリス・アンダーソンによれば、
 ●3Dプリンターやレーザーカッターのデスクトップ化
 ●デジタルデザイン製品の少量生産請負業者の出現
 ●SNSを使ったオープン・イノベーション環境の充実
 ●一般消費者が参加するクラウドファンディングの浸透

などにより、製造業が民主化されてメイカーズムーブメントが起きる。これにより、モノのロングテールと人材のロングテールが進み、誰もが本当に欲しい製品を手に入れられるようになり、誰もが活躍の場を得られる可能性が増える。メイカーズムーブメントは人を幸せにするというわけだ。
 
さてこの作品、著者の着眼点の鋭さには相変わらず感心するが、なかなか同感できない。
なぜかと言えば、「できる」と「する/なる」の違いはあまりに大きいからだ。
 

photo credit : jabella via photopin cc

 
続きを読む

欲しいのはSSD!? マーケティング発想法再び


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2357文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
先週10月23日(米国時間)、米アップル社がメディアイベントを行ない、いくつかの新製品を発表しました。メディアの注目はiPad miniに集中しているようですが、アップル好きとしてはディスプレイのエッジをわずか5mmにした極薄の新しいiMacに目を奪われます。
 
見掛けの美しさも然ることながら、「やられた!」と思ったのがFusion Driveという新しいストレージです。Fusion Driveは「大容量のハードドライブと高性能のフラッシュストレージを組み合わせた」もので、この2つを組み合わせてハイブリッドにしたところに妙があります。「言われてみれば当たり前」の便利なストレージなのですが、少なくとも佐々木の発想にはありませんでした。
 
今回はこのFusion Driveについて、マーケティング発想法で考えてみることにします。
 

photo credit : ElGekoNegro via photopin cc

 
続きを読む

Windows 8入れたのにタッチ操作できない!?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2084文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
季節は秋。
クリスマス商戦を控え、IT各社が続けざまに新商品を発表、発売しています。
 
その最中、10月26日にマイクロソフトがWindows 8を全世界で発売しました。
Windows 7からユーザーインターフェースを大幅に変更し、直感的なタッチ操作が可能という触れ込みです。
 
今後、パソコンからタブレット端末への切り替えが進むという見立て(?)がある中、タッチ操作に対応していることを強調するのは当然でしょう。しかし、そのせいでおかしな勘違いが起きているようです。正に今回の記事のタイトルなのですが、「Windows 8入れたのにタッチ操作できない!?」という苦情が出ていると言うのです(参考:ああ勘違い、「報道が悪い」の声も Windows 8入れてもタッチパネルに「変身」しません|J-CASTモノウオッチ)。
 
正直、「苦情が出ている」の類はどこまで本当なのか裏付けを取れないので半信半疑なのですが、「さもありなん」という話です。「機器がタッチ操作に対応していなければタッチパネルにならなくて当然」と言うのは、わかっている人間の論法です。パソコンやタブレット端末の利用の裾野が広がり、かなり「わかってない人」も電子機器の恩恵をこうむっている現状を考えると、こんな話があっても何ら不思議はありません。
 
今回は、この何ともおかしな現象をカテゴリー適用法と結び付けて考えてみます。
 

photo credit : Yogesh Mhatre via photopin cc

 
続きを読む

フィルム型USBメモリーは「買い」なのか?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1899文字)

photo source : roomie

 
中小企業診断士の佐々木孝です。
 
これ、欲しくありませんか?
roomieというサイトの写真の保存に最適!フィルムの形をしたUSBメモリーに掲載されていた商品で、なかなか魅力的なデザインです。
 
USBメモリーはすし型、ロボット型、キャラクター型など変わったデザインの商品も多いですが、それらとは一線を画すでしょう。ただただ奇を衒ったようなデザインと違い、記憶装置(USBメモリー)を記録媒体(フィルム)で見立てたところにセンスが感じられるのです。
 
では、このフィルム型USBメモリーは「買い」なのか。
今回はUSBメモリーの選択基準について考えてみることにします。
 
続きを読む

コンピュータと水道、どちらが大事?


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1731文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
JBpressというニュースサイトがあります。
「経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、本質的で深い分析に基づいた記事を提供」と掲げるだけあり、既存メディアとは少し違った切り口のニュースが特徴的なサイトです。英エコノミスト誌や英フィナンシャル・タイムズ紙の翻訳記事が多数掲載されており、そこにも魅力を感じます。
 
先日、そのJBpressで目に止まったのが、限りない経済成長の時代は終わったのか?という英フィナンシャル・タイムズ紙の記事です。ノースウエスタン大学のロバート・ゴードン教授の論文を取り上げたもので、経済成長の源泉を人口増加と生産性向上にわけ、「生産性の伸びは向こう100年間低下し続け、無視できるレベルにまで落ち込むかもしれない」としています。
 
この記事のキーワードとなっているのが汎用技術という言葉です。
 


photo credit : TF28 ❘ tfaltings.de via photopin cc

 
続きを読む