カテゴリー : ツール

「5秒エディタ」で集中力アップ!?


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1226文字)


仕事の書類であれ、プライベートなメールであれ、文書をつくるときには一定の集中力が必要だ。集中しなくても書けないことはないが、その出来上がりを見れば一目瞭然。心の散漫さが文章に出ているとでも言おうか。程度の差こそあれ、粗が目立つものとなってしまう。メール、スマホ、SNSなど気を散らすものが多い時代だけに、集中力の大切さを実感している人も多いだろう。
 
そこに登場したのが「5秒エディタ」。これを使えば、否が応でも文書作成に集中することになる。自分の集中力に自信がないのなら、一度試してみるといいかも知れない。
 

執筆

credit: LibelSanRo via pixabay

 
続きを読む

浜松市にも教えたい(?)家計調査の使い方


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1789文字)


毎年恒例となっている餃子購入額ランキング。昨年(2015年)も浜松市(4,646円)が日本一となり、宇都宮市(3,981円)は2位という結果になった。浜松市が、2015年1月から12月までの家計調査の結果を独自に集計したものだが、当初の発表ではここに間違いがあったという。本来は3位になるはずの宮崎市について間違ってシューマイのデータを使い、最下位の52位にランキングしてしまったのだ(参考:浜松市、ギョーザ購入額調査で集計ミス 「シューマイの額を使ってしまった」 宮崎市、最下位から3位に浮上|産経ニュース)。
 
実は、家計調査の2015年分の年間集計は本日(2月16日)14時30分に公開の予定。これに先んじて吉報を発表しようとして、集計ミスをしたのだろう。人が行なう作業にミスは付きものとは言え、ちょっと締まらないことになってしまった。
 
さて、終わったことは仕方ないとして、来年も同じミスをしないためにとっておきの方法がある。家計調査には、万人向けに用意されている集計結果表以外に、各人がカスタマイズして集計できるシステムがあるのだ。浜松市の担当者の方にも、そのほか大勢の方々にも、この集計システムの活用をオススメしたい。
 

 
続きを読む

Chromeで余計なクッキーを食べない方法


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1474文字)


あなたは、自分のクッキーを見たことがあるだろうか。もちろん、食べ物のクッキーではなく、ブラウザに残るCookieの話。ホームページを訪問したユーザーのパソコンに、サイトが一時的に保存するデータのことだ。Cookieにデータが残ることで、同じホームページを再訪したときに、前回の続きのような使用感を得ることができる。
 
Cookieの見方はブラウザ次第となるが、Google Chromeならば【Chrome】メニューから【環境設定】を呼び出して、「詳細設定を表示」をクリック。追加で出てきた項目の中から【プライバシー】の「コンテンツの設定」を押して、新しく登場した画面の「すべてのCookieとサイトデータ」を選ぶことで見ることができる。
 
ブラウザに残っているCookieの一覧を見ると、誰もがびっくりするだろう。訪問したサイトのデータだけが残っているはずなのに、見知らぬサイトのCookieがたくさんあるからだ。正体不明のCookieが悪さをするかは別にして、気持ちが悪いのは間違いない。そこで今回は、この余計なCookieを残さない方法を紹介しよう。
 

クッキー

credit: RyanMcGuire via pixabay

 
続きを読む

Macで時報を鳴らすなら・・・


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1623文字)


時報が好きだ。何かに集中しているとき、今の時刻をプッシュで通知してくれるのがありがたい。昔なら柱時計、少し前ならWEHRLE社(ウエラ社)の目覚まし時計などを使えば、1時間に1回、鐘の数で時刻を知ることができた。少しタイプは異なるものの、各地の自治体が夕方に流す『夕焼け小焼け』などのメロディチャイムで時間を思い出すのも悪くない。こちらは、誰もがよく経験することだろう。
 
今ならば、パソコンやスマートフォンで時報を鳴らすのが現実的だ。
そこで今回は、Mac(OS X)で時報を鳴らす方法を紹介する。
 

時間

credit: nile via pixabay

 
続きを読む

iPhoneのパスコードはAppleでも解除不可能!


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1439文字)


iPhoneにパスコードロックを掛けている人は多いだろう。何かのときにiPhoneの中の情報を盗み見られないための、ちょっとしたセキュリティとなるからだ。たとえ4桁のパスコードでも、当てずっぽうで解除するのは至難の業。パスコードロックは、掛けておいて損のない保険のように思っている。
 
ただし、このパスコードを忘れると大変なことになる。 iTunesで同期したデバイス等があれば復元できるようだが、これにあてはまらない場合はiPhone自体の初期化が必要らしいのだ。Appleとて「裏技」はないようで、アメリカの裁判では「最新のOSを搭載したiPhoneの場合ロックの解除は「不可能である」と回答」したという(参考:Appleでも「iPhoneのロック解除は不可能」、パスコードを知らない限り端末内のデータにはアクセス不可能であることが明らかに|GIGAZINE)。
 
パスコードを忘れたユーザーを救うためには裏技を用意しておいた方がいいが、それをすればその分だけセキュリティが甘くなるのが道理。抜け穴が空いていれば、そこを狙われるのだ。裏技をつくることは顧客志向のようで、実はそうではない。「裏技」をつくらない非情な設計こそが、セキュリティを守るために必要な覚悟のように思う。
 

穴

credit: igrishkoff via pixabay

 
続きを読む