カテゴリー : ツール

Evernoteの画像は「添付」に限る!?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1332文字)


Evernoteのノートに画像を貼り付けると、びっくりすることがある。ちょっとした画像をペーストしただけで、そのノートのファイルサイズが急に大きくなってしまうのだ。1MBを超えることも多く、月間で60MBの制限がある「ベーシックプラン」を利用している場合、案外なインパクトとなる。
 
ちょっと困ったこの現象。実は、思わぬトリックがあった。Evernoteに画像を貼り付けるとき、その方法によってファイルサイズに違いが出るのだ。結論から先に言えば、「添付」するのが最善となる。
 

 
続きを読む

iPhoneのデフォルトアプリを消す方法


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2042文字)


iPhoneには、デフォルトでたくさんのアプリケーションが入っている。電話、メール、カメラ、カレンダー、計算機、地図、ミュージック、Podcast、FaceTime、Game Center、Passbook、・・・。誰もが使うようなアプリも多いが、何に使うのかさえわからないアプリも混じっているのが現実だ。実物を持っていなければ役に立たない「Apple Watch」もデフォルト。バージョンアップのたびにあまり使わないアプリが増えている印象で、正直に言えば「いらない」アプリも多い。不要なデフォルトアプリを消せればいいのだが、普通の操作では簡単に消すことができない。
 
Appleのティム・クックCEOがデフォルトアプリについてコメントしたというニュースがあった。「なぜiOSではデフォルトで入っているアプリを削除できないのですか?」という極めて直接的な質問に、「デフォルトで入っているアプリがiPhoneの他の要素とリンクしており、アプリが削除されてしまうと他の部分で異常が発生してしまうから」と答えたらしい。ただし、「削除するための方法を現在検討中」というコメントもあり、デフォルトアプリが削除できる日は近付いているかも知れない(参考:なぜiOSに最初から入っているアプリは削除できないのかをティム・クックCEO自らが回答|GIGAZINE)。
 
デフォルトアプリ削除の検討は朗報だが、これは完全なアンインストールについての話。ストレージ容量などを気にしているのでなければ、あまり関係がない。多くの人の「邪魔だから消したい」にアンインストールは不要だろう。目障りなものが見えなくなれば、それでいい筈だ。そして、デフォルトアプリを見えなくするだけなら、今でも方法はある。今回はこれを紹介しようと思う。
 

iPhone

credit: kropekk_pl via pixabay

 
続きを読む

新しいOS Xの売りはカーソルが目立つこと!?


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1508文字)


Appleの最新OS・OS X El Capitan(エル・キャピタン)が10月1日にリリースされる。新製品であるiPhoneやiPad Proに話題を奪われがちだが、OS Xの年に一度のメジャーバージョンアップもかなり重要。そのバージョンは、v10.11となる。
 
OS X El Capitanについては、すでに紹介ページが出来ており、そこで目を引いたのが「カーソルを目立たせよう。」という部分。OSがバージョンアップして新しくなることはたくさんあるのに、カーソルを大きくできるという些細な改良がわざわざ大きく紹介されているのだ。目立つカーソルは、El Capitanの大きな「売り」なのかも知れない。
 

cursor

Photo credit: Jared Tarbell / Foter / CC BY

 
続きを読む

ハンバーグメニューは一太郎のEscキーだ!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1647文字)


スマートフォンのアプリケーションなどによくある横三本線のアイコン。あのアイコンを、俗に「ハンバーガーメニュー」という。どれだけの人が横三本線からハンバーガーを連想するかは別にして、言われてみればごもっとも。わかりやすいのは、間違いない。
 

credit: OpenIcons via pixabay

credit: OpenIcons via pixabay

 
さて、このハンバーガーメニューが好ましくないという指摘があるらしい(参考:なぜメニュー表示用ボタンの「ハンバーガーアイコン」はダメなのか?|GIGAZINE)。「それをクリックすることで何かが得られるとしても、何を得られるかがクリック前に明らかでない」ため、不親切とのこと。「アイコン+テキスト」などを並べたメニューの方がわかりやすく、「脱ハンバーガー」を目指すべきという主張だ。
 
自分の場合、ハンバーガーメニューから思い出すのは一太郎のEscキー。どのような状態にあっても、Escキーさえ押せばメニュー一覧が登場する仕組みだったと記憶している。何か困ったときに、「どこから始めればいいか」がわかる安心感はかなり大きく、ハンバーガーメニューにもこれを感じるのだ。ある意味でオールマイティのお助けボタンとも言えるハンバーガーメニューは、もっと肯定的に捉えられていいように感じた。
 
続きを読む

猛暑と「消せるボールペン」の危ない関係


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1378文字)


今年の夏はとにかく暑い。先日は、東京都心で8日連続の猛暑日となった。実際どのくらい暑かったかはひと夏が終わった後の統計待ちとなるが、その記録が楽しみになるくらいの暑さだ。
 
さて、猛暑で思い出すのが「消せるボールペン」にまつわる災難。暑さが厳しくなると、「消せるボールペン」で書いた文字が見えなくなることがあるらしいのだ。つまり、「消せるボールペン」の筈が、勝手に「消えるボールペン」になってしまう。例えば、修正が多いからといってスケジュール管理に「消せるボールペン」を使っていたら、目も当てられない事態になるだろう。猛暑と「消せるボールペン」の関係は、かなり危ないようだ。
 

メモ

credit: Pezibear via pixabay

 
続きを読む