カテゴリー : ツール

Windows 10の自動アップグレードを止めよう!?


この記事の所要時間: 310秒 〜 410秒程度(1851文字)


2015年7月29日、Windows10がリリースされる。今週の水曜日だから、もうすぐだ。Windows 8.1から「9」を飛ばした一気の躍進。そして、既存ユーザーへの無料アップグレードの提供。Wndows 8および8.1のシェアが思うように伸びなかったせいもあってか、Microsoftの意気込みは並大抵のものではない。Windowsの「最終バージョン」という噂もあり、いささか陰りの見えるこのOSの未来はWindows10の出来不出来に掛かっていると言えるだろう。
 
さて、ここ数日、Windows 10への自動アップグレードの「止め方」の記事をいくつか見掛けた(参考:Windows7・8.1でWindows 10への自動アップグレードを止める方法|GIGAZINE)。Windows 7やWindows 8/8.1が自動的にWindows 10にアップグレードされてしまうので、それを防ぐ必要があるという流れの記事。正直、これにはびっくりして、心配になった。Windows Updateの設定を自動更新にしているからといって、今回のようなメジャーバージョンアップを勝手にやられてはたまらないからだ。
 
しかし、どうやらこれらの記事は、気にしなくていいらしい。記事は、条件付きで起きる「自動アップグレード」を、さも誰にでもあてはまるように書いて、事態をわかり難くさせているだけ。結論から言えば、Windows 10への更新を「予約」していない限り、「自動アップグレード」は起きない。つまり、これまで何もしていないなら、引き続き何もする必要はないのだ。
 

ten 10

credit: succo via pixabay

 
続きを読む

Adobe Flash Playerを無効にしよう!


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2427文字)


最近、Adobe Flash Playerの脆弱性に関するニュースが相次いでいる。最新の事例では、バナー広告を表示しただけでウィルスに感染したという。クリックではなく、あくまで表示のみで感染したのだ。しかも、「感染経路は朝日新聞や読売新聞のニュースサイト」だというのだから、油断がならない。どうやら、広告がすり替えられたらしいが、それではサイト自体の信用が役に立たなくなってしまう(参考:バナー広告表示で即感染 都職員のPC被害 朝日、読売のサイトからも Flashの脆弱性突く|ITmedia ニュース)。
 
この状態では、比較的健全に、一定の注意を払って普通のホームページを見ていてもウィルスに感染することになる。あやしいサイトのバナー広告をクリックしてウィルス感染したのとは、話が違うのだ。記事から「Adobe Flash Playerが最新版だったか」、「ウィルス対策ソフトを使っていたか」などはわからないが、これらの対処をしていれば安全というものでもないだろう。Flashの脆弱性は次々に発覚しており、対応が間に合わない可能性も考えられる。
 
Flash大嫌いのApple党としては「だから言ったじゃん!」と言いたいところだが、実は他人事ではない。正直、これまでは「一定の対策を行なっていれば、Flashを使っていても大丈夫」と考えてきたからだ。要は、今までFlashを使っていた。しかし、どうやら事態はかなり深刻なようだ。これを機に、Adobe Flash Playerを無効にすることをオススメしたい。
 

停止

credit: knerri61 via pixabay

 
続きを読む

人はApple Watchを買うんじゃない!


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1741文字)


スティーブ・ウォズニアックはApple Watchを持ってないらしい。古くからのAppleファンにとってはショッキングなニュースだが、実はどうということのない話。既に(社員割引で)Apple Watchを注文したものの、ウォズの手元にまだ到着してないだけとのこと。Appleの新製品といえば店舗にできた行列の先頭にウォズがいるのが恒例だったが、Apple Watchの販売形態ではこれができない。「行列をつくらせない」というAppleの新方針(?)が、思わぬ影響を及ぼした訳だ(参考:ウォズニアックはApple Watchを(まだ)持っていない|ギズモード・ジャパン)。
 

Apple Watch

credit: charlie0111 via pixabay

 
Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアックは、一部の人にとってアイドルのような存在だ。伝説のエンジニアであるウォズが、Appleやその他の会社の新製品にどのようなコメントをするのか楽しみにしている人も多いだろう。大所高所からのしがらみがない発言には、しばしばハッとさせられるものがある。
 
今回について言えば「You don’t buy a watch. You buy a band(人はApple Watchを買うんじゃない、バンドを買うんだ)」という部分が凄い(原文は「Apple Watch」ではなくただの「watch」だけど・・・)。あくまでシャレで言ったようだが、なかなか核心を突いている。
 
続きを読む

スマートウォッチはスマオ? スマッチ?


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1537文字)


Apple Watchが発売になって早1ヶ月。話題度抜群の新製品が出たことで、スマートウォッチ界隈が騒がしい。目立つなら今しかないという勢いで登場する数々の新製品や新コンセプト。とてもすべては追い切れないが、賑やかなマーケットを見るのは気分が良いものだ。スマートウォッチにあまり期待をしていない自分などでも、「もしかするともしかするのでは」と思ってしまう。
 
さて、スマートウォッチで気になるのはその略称だ。このジャンルがスマートフォンのように大きく伸びれば、「スマートウォッチ」はやや長いので、日本人お得意の(?)短縮形が登場しても不思議はない。スマートウォッチについては当分様子見を決め込んでいる野次馬からすれば、興味はその一点となる。
 

スマートウォッチ

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

「誕生日のパラドックス」を実証する


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1521文字)


確率には、人間の直感と合わないものがある。学校の確率の授業で登場する「誕生日の問題」などはその典型だろう。質問の仕方はいろいろで、例えば「何人集まると、その中に同じ誕生日の人がいる確率が5割を超えるのか」。1年365日を2で割って182人や183人という答えが出たり、山勘で50人、100人という答えが出たりするが、この質問の正解はたったの23人。この正解が直感で思い浮かぶ人数と較べてあまりに小さいため、「誕生日のパラドックス」と呼ばれることもあるようだ。
 
さて、この直感に合わない確率を数式で説明するのは簡単だが、確率が苦手な人はそれでも納得しないらしい。そこで、腕試しがてらいたずらに実証してみよう。何人集まったら同じ誕生日の人が出現するのか、実際に試してみるのだ。
 

誕生日

credit: Gil-Dekel via pixabay

 
続きを読む