ヤマザキナビスコのリッツはいつまで買える?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1366文字)


2016年8月31日、ヤマザキナビスコが「リッツ」の製造を終了した。ライセンス契約終了に伴うもので、現在ではモンデリーズ・ジャパンが「リッツ」の国内販売を行なっている。「味が変わるのでは?」、「日本製のリッツがなくなる!」などと話題になったので、覚えている人も多いだろう。
 
スーパーやコンビニでは、製造終了後もしばらく在庫等を販売していたようだが、今では店頭でヤマザキナビスコのリッツ(以下、ヤマザキ「リッツ」)を見ることはすっかりなくなった。しかし、実はまだ売っているところがある。では、ヤマザキ「リッツ」はいつまで売られ続けるのか。これが今回のテーマである。
 

Photo credit: monoooki via Foter.com / CC BY

 
続きを読む

酉年生まれが少ないのは当たり前!?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2025文字)


今年2017年は酉年。年末には、例年通り、総務省統計局から十二支別の推計人口が発表された。2017年1月1日現在の酉年生まれの人口は943万人で、「十二支の中で最も少ない」そうだ(参考:統計トピックスNo.98 「酉年生まれ」と「新成人」の人口)。
 
さて、年末年始の人口に関するニュースはまさに暇ネタ。それでどうこうという話ではないので聞き流してしまいがちだが、ちょっと不思議に思ったことはないだろうか。毎年、「その年の干支生まれ」の人口は下位の順位で報じられている印象があるのだ。データを相対的に見た場合、何かが少なけば、そのぶん他の何かが多くなるはずで、これはかなりおかしい。今回は、この謎(?)に迫ってみる。
 

 
続きを読む

「OUTマーク付きマスク」は誰のため?


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1439文字)


暦は大寒。空気は乾ききり、インフルエンザが心配な季節だ。そして、そろそろ花粉も飛びはじめる。毎年のことだが、この時期の街は、マスクの人だらけになる。
 
さて、先日のこと。少し変わったマスクをしている人を見かけた。それが、記事のタイトルにある「OUTマーク付きマスク」だ。マスクの右下あたりに、凹凸を使って「OUT」と書かれている。そのときは、「あっ、いいかも」と思っただけだったが、この商品、案外おもしろいかも知れない。
 

Photo credit: string_bass_dave via Foter.com / CC BY-SA

 
続きを読む

iPhone10周年と2つのイノベーション


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2083文字)


2007年1月9日、Macworld Expo 2007にて初代iPhoneが発表された。iPhoneのコンセプトが世に出てから、昨日で10周年を迎えたわけだ。日本時間で考えれば、今日1月10日で10周年ということになる。社名をApple Computer, Inc.からApple Inc.に改めたのもこの日のこと。このところのAppleの快進撃は、社名からComputerをはずしたこの日からはじまったと言ってもいいだろう。
 
初代iPhoneでまず思い出されるのが、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション。ジョブズが繰り出すシンプルなメッセージと、観衆の異様なまでの盛り上がり。10年経った今でも、充分に見返す価値があるプレゼンだ。
 

 
続きを読む

Twitterが乗っ取られやすいシンプルな理由


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1654文字)


経営不振が周知のものとなり、この秋には買収騒動も持ち上がったTwitter。アクティブユーザー数が頭打ちで、収益化も思うように進んでいないようだが、今でもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の代表格であることに変わりはない。「TwitterはSNSではない」という議論はさておき、SNSと言われてまず最初にTwitterを思い浮かべる人は多いはずだ。
 
Twitterでよく話題になるのが、アカウント(ログインする権利)の乗っ取り騒動だ。ある人のアカウントに別な人がログインして、勝手なことをつぶやいたりする事件が後を絶たない。この原因として、ユーザーのパスワード管理の甘さを指摘されることが多いが、Twitter側にも問題があるように思う。Twitterのログインの仕組みを考えれば、乗っ取られやすいのは当たり前だ。
 

credit: PDPics via pixabay

credit: PDPics via pixabay

 
続きを読む