タグ : 気づき

OneDrive「無制限」終了と大盤振る舞いリスク


この記事の所要時間: 310秒 〜 410秒程度(1808文字)


数々のクラウドサービスが世間を賑わせる中、残念なニュースが飛び込んできた。Microsoftが、「Office 365」ユーザーに提供しているOneDriveの使用容量を「無制限」から「1Tバイト」に変更したというのだ。変更の理由は、一部のユーザーが「平均的ユーザーの1万4000倍に相当する75Tバイトものデータをアップロード」したためだという(参考:Microsoft、「OneDrive」の無料容量縮小ヘ “容量無制限”は終了|ITmedia ニュース
 
少し前には、Evernoteも「無制限」を取り下げている。有料会員制度「Evernoteプレミアム」ユーザーのアップロード容量に、「月間10Gバイト」の上限を設けたのだ。「大量のファイルの保管・バックアップという「これまでと違う用途」にEvernoteを使い始めるユーザが増え」たための処置とのこと。月間10Gバイトで「既存ユーザの99.999%のニーズを満たす」というのだから、特殊なユーザーが0.001%程度いたことになる(参考:Evernoteプレミアム、月間アップロード容量を「無制限」から「10Gバイト」に 「想像以上の混乱と問題」受け|ITmedia ニュース)。
 

サーバー

credit: blickpixel via pixabay

 
MicrosoftもEvernoteも、その規模こそ違うもののインターネットの大立者。一部ユーザーがどれだけディスク容量を使おうとどこ吹く風のように思うが、そうはいかない理由があったのだろう。何にでも例外的なユーザーが付きものとは言え、それらのユーザーが極端に走り過ぎると全体に悪影響を及ぼすようになる。今の時代、例外的なユーザーへの対応にも新しい考え方が必要なようだ。
 
続きを読む

iTunesでダウンロードの進行状況を見る方法


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1152文字)


いつからだろうか、iTunesでiPhoneなどのアプリケーションをアップデートするとき、ダウンロードの進行状況が見られなくなった。あと何分くらいでダウンロードが終わるのかわからないのは案外不便だ。進行状況がわかってもダウンロードが早くなるわけではないので「気にするな!」ということなのだろうが、気になるものは気になる。
 

credit: bykst via pixabay

credit: bykst via pixabay

 
とは言え、調べるほどのことでもないので放っておいたが、先日たまたま進行状況を見る方法を発見した。気付けば簡単。ダウンロードの進行状況を見るまではワンクリックだ。
 
続きを読む

猛暑と「消せるボールペン」の危ない関係


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1378文字)


今年の夏はとにかく暑い。先日は、東京都心で8日連続の猛暑日となった。実際どのくらい暑かったかはひと夏が終わった後の統計待ちとなるが、その記録が楽しみになるくらいの暑さだ。
 
さて、猛暑で思い出すのが「消せるボールペン」にまつわる災難。暑さが厳しくなると、「消せるボールペン」で書いた文字が見えなくなることがあるらしいのだ。つまり、「消せるボールペン」の筈が、勝手に「消えるボールペン」になってしまう。例えば、修正が多いからといってスケジュール管理に「消せるボールペン」を使っていたら、目も当てられない事態になるだろう。猛暑と「消せるボールペン」の関係は、かなり危ないようだ。
 

メモ

credit: Pezibear via pixabay

 
続きを読む

旧暦2033年問題と段取り八分


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1654文字)


旧暦2033年問題というものがある。日本における最後の太陰太陽暦である天保暦が、2033年に月名を決められなってしまう問題のことだ。旧暦に矛盾が生じても普段の生活に影響はなさそうだが、どうやらそうはいかないらしい。例えば、月名が決まらなければ六曜がわからないので、冠婚葬祭業などが困ってしまう。自分のようなタイプは「この際、旧暦なんて廃止にしたら!」と言いたくなるが、現実にはそうはいかないようだ。
 
さて、旧暦20033年問題の難しさはどこにあるのだろうか。かなり前からわかっていた問題であり、今もって解決しないのには何らかの理由がある筈だ。実は、この問題のポイントは「決める人がいない」に尽きる。問題の解決法のアイデアはいくつかあるのに、どれを採用するか決定できる人がいないようなのだ。
 

月 太陽

credit: ChadoNihi via pixabay

 
続きを読む

Appleが「楽曲の所有」を葬り去る?


この記事の所要時間: 310秒 〜 410秒程度(1818文字)


Appleが提供するメディアプレーヤー・iTunesが新しくなった。最新のiTunes 12.2はバージョン番号ではマイナーアップデートとなるものの、Apple Musicに対応するという大展開。アイコンの色も、赤のベタ塗りに白音符から白地に赤、青、紫の『あまちゃん』風の配色に変わり、大きな変化が起きたことを知らせている。
 

 
iTunesのアイコンは時代とともに変わってきており、過去にはメッセージ性がうかがえる変更もあった。アイコンの色については単色が長く続いていて、複数の色が混ざるのは2001年の最初のバージョン以来(参考:iTunesアイコンデザインの歴史 2001-2014 【歴代まとめ】 iTunes icon design|GINAZINE)。この配色に意味を取るなら、iTunesのカラフルな新アイコンはAppleの原点回帰の姿勢のあらわれかも知れない。
 

音楽

credit: iTenz via pixabay

 
続きを読む