タグ : ベネフィット

3Dプリンタ、キラーコンテンツを誰がつくる?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1974文字)


たった3万5千円(347ドル)で手に入る3Dプリンタが登場するかも知れない(参考:わずか3万5千円で購入できる3Dプリンターが登場|ギズモード・ジャパン)。まだ資金調達準備中の段階とはいえ、新しもの好きの食指を充分に動かすニュースだろう。万が一この会社が失敗したとしても、別の会社が低価格3Dプリンタを発売するのは時間の問題だと考えられる。
 
ただし、低価格機発売が3Dプリンタの普及を後押しするとしても、すぐに一般化するとは考えにくい。なぜなら、多くの人には3Dプリンタで出力するものなどないからだ。素人に3Dのデザインは困難だし、Web上で公開されている3Dデザインを探すのも難しい。それより何より、「いったいどんなものを出力できるのか」。紙への印字と違って、まったく想像もつかない人がほとんどだろう。
 
そうなると、3Dプリンタの普及に必要なのはキラーコンテンツだ。
誰もが「3Dプリンタを使ってこれを出力したい」と思えるようなモノを見付けない限り、普及に弾みはつかない。問題は、誰がキラーコンテンツを見付け出すかとなる。
 

photo credit : Shapeways: via photopin cc

photo credit : Shapeways: via photopin cc

 
続きを読む

3Dプリンター時代の印鑑マーケティング


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2325文字)


一工夫ある朱肉が売れているらしい。
出典は日経トレンディネットの朱肉のフタが印マットに! カラフルな朱肉がブレーク中という記事。確かに印マットがなくて困ることは多く、利用者の不便を解消する商品だ。今まで無かったのか不思議に感じるほどで、目の付けどころが素晴らしい。
 
一方で、印鑑市場の行き詰まりも感じる。
署名捺印をするときには、ペンと印鑑と朱肉と印マットが必要になる。このうち、印鑑と朱肉を合わせたのが俗に言うシャチハタ印、これにペンを加えたのがネームペン(シャチハタ印付ボールペン)、朱肉と印マットを合わせたのが今回のシクオス(印マット付朱肉)。涙ぐましいほどの創意工夫をしているものの、組み合わせを変えているだけで一歩も前に進んでいないとも考えられる。
 
そして、この業界には3Dプリンターという大きな脅威が待ち構えている。果たして、新しい時代の印鑑マーケティングはどうなるのだろうか。
 

photo credit : Jason Michael via photopin cc

photo credit : Jason Michael via photopin cc

 
続きを読む

カフェ参入に本格コーヒーは必要ない!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1628文字)


コーヒーが熱い。
マクドナルドやセブンイレブンをはじめとした各社が、コーヒー事業に注力しているらしいのだ(参考:コーヒー需要拡大、顧客争奪戦へ マクドナルド、セブン…異業種続々|SankeiBiz)。
 
スターバックスが成功したこともあってか、コーヒー市場についてのこの手の記事は毎年のように登場する。二匹目のどじょうを狙う各社がコーヒー事業をてこ入れすることで、「市場が変わる」というニュースだ。身近な飲み物だけに話題になり易いのだろうが、ほとんどの成功ストーリーには無理があり、読んでいて呆れてしまうことも多い。
 
コーヒー事業に関する記事でいつも不思議に思うのは、どの会社も「本格的なコーヒー」を謳うところだ。そんなものを目指しても、成功は勝ち取れないだろう。
 
なぜ、本格コーヒーは必要ないと言えるのか。
今回はこれについて説明する。
 

photo credit : Martin Gommel via photopin cc

photo credit : Martin Gommel via photopin cc

 
続きを読む

4Kテレビの絶望 なぜ同じ失敗を繰り返す?


この記事の所要時間: 520秒 〜 620秒程度(2896文字)


先日、米ラスベガスで世界最大の家電見本市 CES(セス/Consumer Electronics Show)が開催された。世界各国の有力企業が数多くの新製品やプロトタイプを発表する注目のイベントだ。イベント自体が大き過ぎてその総体をつかむことは難しいが、漏れ伝わってくる新製品のニュースだけでもワクワクするものがある。
 
CESでは、日本の大手電機メーカーもたくさんの新製品を発表した。
その中で首を傾げたくなるのが4Kテレビに関するニュースだ。4Kの「K」はキロ=1000を意味しており、横の画素数が約4000(正確には3,840)を超えるテレビが4Kテレビと呼ばれる。現在のフルハイビジョンテレビと較べても数倍の画素数となり、とにかく画質のきれいさが自慢のテレビなのだが、果たして誰がこれを欲しがるのだろうか。
 
テレビを画面の美しさで評価するなら、4Kテレビは良い商品だ。
しかし、マーケティングの世界の常識では、良いものが売れるとは限らない。売れるのは、いくら品質や性能が悪くても誰かが欲しいと思う商品なのだ。そして当然ながら、自社の技術力を誇示できる新製品を発売しても、売れなくては意味が無い。
 
技術力を重視する企業は、この手の失敗を繰り返している。
無駄に品質・性能の良い商品を発売して、「結局、売れませんでした」、「消費者が付いてこれなかった」、「発売が早過ぎた」というパターンだ。
 
企業に余力があるのならば、これを続けていつの日かの大当たりを夢見るのもいいかも知れない。高い技術力というブランドイメージが役立つという発想もわからないではない。しかし、今日の日本の家電メーカー、そして製造業全般に至っても、もうそんな余裕はないように思われる。
 
そこで、これ以上同じ過ちを犯さないために、なぜこのような失敗を繰り返すのか、その理由を考えてみた。
 

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

 
続きを読む

ピンクのクラウンはどこに向かう?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1929文字)


昨年末、トヨタから14代目となる新しいクラウンが発表された。
「新型クラウンは、デザインに徹底的にこだわった」との言葉通り、今までのクラウンとは趣きの違うかなりインパクトのあるデザインだ。フロント部分の大きな王冠も特徴的だが、それより何よりあのピンクのクラウンに驚かされた人も多かっただろう(参考:王冠大きく、デザイン2種類 全面改良14代目クラウン|朝日新聞)。
 
このインパクト抜群の新しいクラウンは、多くの注目を集めている。
他の新車との比較は難しいものの、ニュースサイトの取り上げ方、Googleでの検索数の推移を見る限り、話題性があるのは間違いないようだ。
 
新商品を発売するとき、話題づくりは欠かせない。
商品を買ってもらうためには、まず注意や関心を集めることが必要だからだ。その意味で今回の新型クラウンの立ち上げは成功と言えよう。
 
しかし、話題づくりには「良い話題づくり」と「悪い話題づくり」がある。
そして今回の新型クラウンの話題づくりは後者、すなわち「悪い話題づくり」のように思えてならない。「ピンクのクラウンはどこに向かう?」と、その迷走ぶりを心配するのはその所為だ。
 

photo credit : #patrick via photopin cc

photo credit : #patrick via photopin cc

 
続きを読む