タグ : コモディティ化

ジェネリック家電が売れる時代の原点回帰


この記事の所要時間: 440秒 〜 540秒程度(2579文字)


ジュネリック家電が売れているという記事があった。
 

今、“ジェネリック家電”が注目を集めている|週プレNEWS
特許が切れた医薬品(先発医療品)と同じ成分で別メーカーが作る薬を、ジェネリック医薬品(後発医薬品)という。効き目は同じなのに価格が安くなるため、最近は医師の処方にジェネリックを希望する人が増えている。これと似たような流れが、家電業界でも起こっているのだ。

家電製品の世界でも、あまり名を聞かないメーカーが製造する激安商品なのに、有名メーカーの人気商品に負けない性能を持つものが数多くある。〔略〕

テレビやHDレコーダーなどのAV機器やタブレットなどのITデバイスのほか、日常生活に欠かせない白物家電でも評判が広まりつつあるジェネリック家電。上質の製品を見極める目があればお金をかけずに生活向上できるだけに、ポイントを押さえて賢く使いたいものだ。

 
ここでジェネリックは「一般名称で販売される」「ノーブランド」の意味。ジェネリック医薬品と同様、「効き目は同じなのに価格が安くなる」ジェネリック家電が注目を集めているというのだ。記事では、家電量販店と家電メーカーの力関係に注目しているが、マーケティング視点で考えるとポイントは少し違ってくる。重要なのは、「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いが、消費者に届いていない点だ。
 
現代においてマーケティングを考えるとき、消費者がマーケティングを知っていることを前提にする必要がある。マーケティングが導入された初期の時代と違って、うぶな消費者はほとんどおらず、多くの消費者は企業のマーケティング活動をさめた目で見ている。「またやってるよ!」の類だ。今どきの消費者は、メーカーが必要のない機能を追加することで商品価格を吊り上げようとしていることを知っている。商品の機能が増えたことを素直に喜ぶほど、消費者は単純じゃない。
 
そして、この記事を読んで感じるのは、手だれの消費者が「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いに見向きもしなくなっている実態だ。メーカーが売り文句にする追加機能の多くがほとんど役立たないことに見抜いていて、そのことを隠そうともしない消費者像が見えてくる。
 
そんな時代にこれまで通りの戦略を実行しても、勝ち目がないのは自明と言えよう。
では、企業はどうしたらいいのだろうか。
 

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

 
続きを読む

コンピュータと水道、どちらが大事?


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1731文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
JBpressというニュースサイトがあります。
「経営者・マネジメント層、ビジネスパーソンに向けて、本質的で深い分析に基づいた記事を提供」と掲げるだけあり、既存メディアとは少し違った切り口のニュースが特徴的なサイトです。英エコノミスト誌や英フィナンシャル・タイムズ紙の翻訳記事が多数掲載されており、そこにも魅力を感じます。
 
先日、そのJBpressで目に止まったのが、限りない経済成長の時代は終わったのか?という英フィナンシャル・タイムズ紙の記事です。ノースウエスタン大学のロバート・ゴードン教授の論文を取り上げたもので、経済成長の源泉を人口増加と生産性向上にわけ、「生産性の伸びは向こう100年間低下し続け、無視できるレベルにまで落ち込むかもしれない」としています。
 
この記事のキーワードとなっているのが汎用技術という言葉です。
 


photo credit : TF28 ❘ tfaltings.de via photopin cc

 
続きを読む

ブログの新規登録作業は1件50円〜100円!


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(804文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
Lancersというサイトがあります。
このサイトでは、仕事をお願いしたい人と仕事をしたい人をマッチングするサービスが提供されています。依頼主から仕事の内容と依頼金額が提示され、その仕事をやりたい人が手を上げるシステムです。取引される仕事はさまざまで、会社のロゴ作成、サービスのネーミング、データ入力のサポートなど多岐にわたります。
 
ここで驚くのが「誰でもできます」な仕事の相場の安さです。
例えば、無料ブログに新規登録する作業などは1件あたり50円〜100円で取引されています。50円で計算するなら、1件の登録に5分掛かるとして時給600円の仕事です。その価格設定で引き受ける人がいるのなら、他人がどうこういう筋合いのものではありませんが、なかなかびっくりする安さではないでしょうか。
 
仕事を依頼する側の立場で考えれば、たった1万円で200個のブログがつくれることになります。できあがったブログに片っ端から自分のホームページへリンクを貼れば、ページの評価が向上するのは間違いないでしょう。スマートなやり方ではないですし、倫理的に云々という問題はありますが、こういう手段を取ろうという人がいるのはまったく不思議ではありません。
 

photo credit: 写真素材 足成 photo credit: 写真素材 足成

 
さて、この価格設定を見て考えてしまうのが人材のコモディティ化という問題です。
人材についても(大衆化されたモノと同じように)他者との差や違いが不明瞭になった場合は、その単価が下がるのは必至なのです。「誰でもできます」な仕事をしていたのでは厳しい未来しか待っていません。
 
近ごろ思うのは中小企業診断士という資格だけではコモディティではないかということです。自分のスペシャリティを明確にして、そこに集中しなければならないと改めて思った次第です。