タグ : データで腕試し

ゴキブリ指数は有効?無効?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1876文字)


ゴキブリの発生リスクが一番高い都道府県は東京都らしい。マイスタースタジオという会社が発表したデータによるもので、東京都の指数は2.31。これが全国平均を1として算出した値だから、東京のゴキブリ発生リスクは全国の2倍以上ということになる(参考:ゴキブリ「発生リスク」が高い街はどこか?|MSN産経west)。
 
この「ゴキブリ指数」とでも言いたくなる数値。
「まあ、そんなところかな」と思いつつも、算出方法が気になるのがデータ好きの性だ。そこで、この指数についてちょっと考察してみた。
 

計算

credit: geralt via FindCC

 
続きを読む

今年のゴールデンウィークは連休が少ない?


この記事の所要時間: 130秒 〜 230秒程度(1026文字)


毎年、ゴールデンウイークになると繰り返されるのが、「今年は曜日のめぐり合わせが良い/悪い」という話。何日が何曜日なのかによって休日の並びが違うのは間違いないものの、自分にはいまいちピンとこない。ゴールデンウイークの過ごし方に大きな影響を与えるとは言え、話の根拠が曖昧過ぎてよくわからないのだ。そこで、ちょっとした一覧表をつくってみた。
 

祝日

Photo credit : Stéfan / CC BY-NC-SA

 
続きを読む

消費税増税で1円玉をもらう確率は増える?


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1612文字)


消費税増税まで残すところあと1か月。どこのお店でも価格改定のお知らせを見るようになった。増税分3%の取り扱いについて、頭を捻ったお店も多いだろう。
 
さて、消費税が5%から8%に上がることを受けて、1円玉の製造が再開されたという(参考:1円玉、出番です 消費増税で4年ぶり製造再開|朝日新聞)。8%になると1円単位の端数が増えて1円玉が必要になるという見立てらしいが、本当にそうなるのだろうか。エクセルを使ってちょっと考えてみた。
 

税金

Photo credit : Tax Credits / CC BY


 
続きを読む

大相撲のイロレーティングを計算すると・・・


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1223文字)


先日、「強さ」を見える化するイロレーティングで紹介したイロレーティングを実際に活用してみた。とは言っても、使ったのは大相撲の勝敗データ。ビジネス上のデータを活用する前のちょっとした小手調べのつもりだ。
 

Photo credit : Nakatani YOshifumi / CC BY

Photo credit : Nakatani YOshifumi / CC BY

 
続きを読む

楽天優勝パレードの経済効果はどのくらい?


この記事の所要時間: 310秒 〜 410秒程度(1796文字)


来たる11月24日(日曜日)、仙台市の東二番丁通で楽天イーグルスの優勝パレードが行なわれる。イベントの実行委員会は当日の人出を20万人と予想。前日の23日(土曜日)は近隣のホテルがほぼ満室だというのだから、大騒ぎだ(参考:杜の都、熱気再び 楽天優勝パレードでホテルほぼ満室)。
 
さて、この優勝パレード。「20万人」で大きなイベントなのはよくわかるものの、この人数でその凄さをしっかり実感するのは難しい。どのくらいの人が集まるかわかっただけでは、その効果がボンヤリしていてはっきり見えないのだ。商売人(?)として気になるのは、「で、いくらカネを落とすの?」ということ。そこで、ちょっと計算してみた。
 

Photo credit : coniferconifer / CC BY Photo credit : coniferconifer / CC BY

 
続きを読む