タグ : 定義

ノーテレビライフは何%?


この記事の所要時間: 530秒 〜 630秒程度(2966文字)


「若者の◯◯離れ」という常套句がある。
いま調べただけでも、クルマ離れ、お茶離れ、Facebook離れ、活字離れ、政治離れ、ビール離れ、建設業界離れ、・・・とたくさん出てくる。一定のデータに基づく表現もあれば、かなり感覚的な言いようもあり、外から眺めているぶんにはおもしろい。冷静に考えれば、時代や世代により嗜好が違うのは当然。そのときどきで良い業界もあれば悪い業界もあるだけなのだが、それを「若者の◯◯離れ」と言ってわかったフリをしたい人が多いらしい。
 
最近良く聞く「若者の◯◯離れ」の一つに「テレビ離れ」がある。
影響力の大きな業界であり、「テレビ離れ」と言うと喜ぶ人も多いのでよく登場することになるのだろう。先日も、こんな記事があった。
 

なぜ、若者の間でノー“テレビ”ライフが広がるのか?テレビを捨てた人たちの本音|ビジネスジャーナル
本当はなくても済む。むしろ、ないほうがよい。人によっては「テレビ」とはそんな存在だ。ノーテレビライフを始めた20〜30代の人たちが異口同音に語るのは、生活の質の向上だった。
 
テレビをまったく視ないという人は微増している。NHK放送文化研究所が実施した「国民生活時間調査」では、平日のテレビ視聴時間が2010年までの5年ごとの調査で、
 ・1995年:8%
 ・2000年:9%
 ・05年:10%
 ・10年:11%
と推移している。
 
「ニコニコ動画」を運営するニワンゴが10年に実施した調査では、平日にテレビを視る時間を問う質問で最も多かった回答が「まったく視ていない」で20.9%だった。年代別では20代の24.3%、30代の22.7%の順に多く、若い世代にノーテレビライフが増えている傾向も垣間みられる。〔略〕

 
この記事では、「テレビ離れ」を裏打ちするために、NHK放送文化研究所とニコニコ動画の調査結果を使っている。もちろん、実際の調査で「最近あなたはテレビ離れしてますか?」と直接的に聞くことはないので、別の質問の結果を「テレビ離れ」と解釈しているのだ。アンケート調査の結果をレポート化するときに、このラベル貼りは付きものだ。そして、このラベル貼りがアンケート調査の結果を使うとき、見るときに気を付けなければいけないポイントのひとつになる。
 

photo credit : Capt Kodak via photopin cc

photo credit : Capt Kodak via photopin cc

 
続きを読む

浜松と宇都宮は餃子が日本一「高い」街?


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2129文字)


2012年の「餃子日本一」は浜松市だ。
では、何をもって「餃子日本一」としているかをご存知だろうか。
 
日本一とは、何らかの指標が他と較べて最も高いということだ。しかし、どの指標を使った日本一が最適なのかは、誰にもわからない。その結果、「言ったもの勝ち」に近いこともある。多くの場合、情報の受け手はそんな些細なことは気にせず、「日本一」というラベルに目を奪われるため、言い切ってしまえば「日本一」が成立するのだ。
 
しかしだからこそ、どんな「日本一」なのかを確認することが大切になる。数ある「日本一」の中には、かなり怪しいものも含まれるからだ。
 

photo credit : kanamas via photopin cc

photo credit : kanamas via photopin cc

 
続きを読む

ビッグデータの「What」を考える


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1791文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
前回、いろいろなサイトにある定義を参考にして、ビッグデータを自分なりに以下のように定義しました。

 ビジネスに役立てるために(Why)
 今までなかったようなデータを(What)
 最先端の技術で分析すること(How)

こうまとめてしまえば何も文句が言えないほど(?)ざっくりした定義ですが、この程度しか共通項がないのもまた事実のようです。
 
さて、とは言えこのままではあまり役に立ちません。
Why、What、Howの各要素をそれぞれ検討してみる必要がありそうです。
そこで、まずはWhatの「今までなかったようなデータを」について考察してみます。
 

photo credit : MelvinSchlubman via photopin cc

 
続きを読む

ビッグデータを定義する


この記事の所要時間: 620秒 〜 720秒程度(3421文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
アンケートとデータ活用を得意にしていると話すと、ビッグデータ、データマイニング、テキストマイニングなどについていろいろ聞かれることがあります。
 
相手によって言葉からイメージしている内容にかなり開きがあるのは仕方ないとして、自分でデータを扱ったことがある人間よりも大きな期待を持っているのが困ったところです。間違って過大な期待を持たないように「できることは限られる」と言えば言う程、相手をがっかりさせることになるのです。それどころか、役に立つ活用方法をうまく説明できない佐々木の知識や能力が足りないと思われているような感触さえあります。
 
自分がどう思われるかはさて置き、ビッグデータが捉え難い概念なのは間違いないでしょう。また一方で、捉え難いがために、データを扱ったことのない人を中心に却って大きな期待を集めているようにも思います。誤解されている面もあるでしょう。ビジネス関連のバズワードによくある現象とは言え、データ活用に関することだけに残念な動きです。
 
さて、「捉え難い」「誤解されている」と言っていてもはじまりません。
「ビッグデータとは何なのか」。この定義に挑戦してみることにします。
 

photo credit : Jemimus via photopin cc

 
続きを読む

「二つの販売世界一」で考えるもう一つのデータ活用


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1656文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
何日か前のブルームバーグに米フォードとトヨタ、互いに自社製品が販売世界一と主張というニュースがありました。
 
一見おかしな話のようですが、何ということはありません。フォード・モーターは「フォーカス」が派生車種を含まない単独車種で世界一だと、トヨタ自動車は「カローラ」が派生車種を含めて世界一だと主張しているのです。定義が違えば、世界一が複数あって当然です。
 
もちろん、いくら世界一を主張したところで過去の販売実績が増えるわけはないので、直接的な利益はありません。それでも世界一を声高に主張するのは、「自動車メーカー各社は、販売面で達成した優位な実績をマーケティング手段として活用」するからです。販売台数が世界一の車種なら、それを「安心感」や「大衆性」に結び付けてアピールできるわけです。
 
データ活用は、意思決定の精度向上に貢献するだけでなく、広報・宣伝活動にも役立ちます。では、データを広報や宣伝に活用するとき、どのようなコツがあるでしょうか。
 

photo credit : swanksalot via photo pin cc photo credit : swanksalot via photo pin cc

 
続きを読む