タグ : 定義

「1日10時間以上スマートフォン利用」ってどういうこと?


この記事の所要時間: 450秒 〜 550秒程度(2664文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
「女子中高生の5人に1人が1日10時間以上スマートフォンを利用する」というアンケート結果が発表されました。株式会社サイバーエージェントによるプレスリリースです。
 
女子中高生一般ではなく、Candyという特定のスマホアプリ利用者の傾向とはいえ、この結果はにわかには信じられません。「いくら女子中高生に時間の余裕があるとはいえ、1日10時間以上は割けないだろう!」と思うのです。女子中高生も普通に生活しているのですから、食事や睡眠などの日常生活に一定の時間が掛かります。勉強もするでしょうし、友だちと会ったり、テレビを見たりといったいろいろな遊びもするでしょう。本当に10時間以上もスマートフォンを利用する時間があるのでしょうか。 
 
この感覚は、「データを疑う」技術を身に付けよう!で指摘した「直感に反する」に通じます。一見正しそうに見えるデータでも、「何となくおかしい」と感じたら受け入れる前に疑ってみる必要があるのです。データを疑わずに「スマホを10時間以上利用する女子中高生がいる」と信じて、新しい商売を考えたら大やけどをし兼ねません。
 
どうしてこんな不思議なデータが出てくるのか。
実は経験から大体想像がついています。ポイントは、利用時間を質問することの難しさにあります。
 

photo credit : iPhone vs Android / nrkbeta photo credit : iPhone vs Android / nrkbeta

 
続きを読む

ユーザー数は実動ベースで考えよう!


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1328文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
ホームページを運営・管理するとき、最も基礎となるデータがユーザー数です。
利用にユーザー登録が必要なホームページの場合、登録ユーザー数はすぐにわかるので、単純なデータのようですが、その取り扱いには充分な注意が必要になります。
 
続きを読む

北海道の老舗企業が急増!?


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(852文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
東京商工リサーチのホームページに全国「老舗企業」調査 ~ 創業100年超は2万7,441社、北海道が急増 ~というレポートが掲載されました。約244万3,000社の企業データを元に「老舗企業」をカウントしたものです。
 
このレポートで目を引いたのが、タイトルの「北海道(で「老舗企業」)が急増」の部分です。皆さん、「老舗企業って急増するものなの?」と思いませんか。
 
続きを読む

東京23区の人口が900万人を超えた・・・らしい


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1334文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
今朝、NHKに東京23区人口 900万人超というニュースがありました。
1960年代に減少し始めた23区の人口が、1990年代中盤から増加に転じて、ついに900万人を超えたという話題です。
 
東京という都市の活力を感じる方も、東京への一極集中を憂う方もいるでしょうが、佐々木がこれを見ていて気になったのは「どの人口が900万人を超えたのか」です。
人口のような国家の基礎をなす統計でさえも、その値は一つではないのです。
 


いろいろな人口


人口のデータは大きくわけて2つないし3つあります。
 
1つ目は、国勢調査人口です。
資料等を元にするのではなく、ある地域に住んでいる人たちを実際に調査し、それを足し上げて統計としています。正確な現状を把握するのに適したアプローチですが、5年に一度しか調査されないため最新の統計がわからないのが難点です。
 
2つ目は、住民基本台帳に基づく人口
これは住民票を元に人数を数えた統計です。基盤となる資料があるため素早く精確な集計が可能ですが、それが実状をどこまで表しているかはわからないという問題が残ります。引っ越しても住民票を移さない人、届け出が遅れる人などがいるからです。
 
そして3つ目となるのが推計人口です。
国勢調査のデータを元に毎月の出生・死亡・転入・転出を加減して算出します。出生・死亡・転入・転出の管理は住民票をベースにして行なわれているので、上の2つをうまく組み合わせていることになります。国勢調査の正しいデータを元に(届け出ベースとはいえ)最新の状況を反映させているわけです。理屈で考えると出どころが違う2つの統計を合成するようなアプローチは感心しません。それでも、最新の人口を知りたいのならこれが一番実態に近い数値だと思われます。
 
東京23区で900万人を超えたのもこの推計人口です。
ただ、推計人口は飽くまで“理論値”なので、人口が本当に900万人を超えたのかは誰にもわかりません。
 


人口も定義次第


データにあまり関心がない人には、人口の統計は「ただ数える」だけなのでとても単純なものに映るでしょう。しかし、実際に数えるとなると、そう簡単にはいきません。「何をもって人口とするか」を確実に定義して、その定義にあった数え方をする必要があります。
 
あるラベルを貼られたデータ(例えば人口データ)があると、そこのまったく疑いを抱かない人も多いですが、データは誰かがつくるものです。その定義や測定の方法によって、さまざまなデータが生じ得るのです。
 


データーをどうやってつくるか想像しよう!


データというものは、コンピュータを使えば何でも弾き出せるようなものではありません。多くの場合、データは何らかの調査を元につくられます。そこには、何らかの定義や考え方が潜んでいます。
 
データを見るときは、その数値をただ信じるのではなく、どうやったらその数値がでるのかを一考することが有効です。決して専門家でなければわからないようなものではありません。普通に実際の作業を想像するだけでも充分です。

アンケートは目的にフィットしたやり方で


この記事の所要時間: 140秒 〜 240秒程度(1113文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 


“アンケート”って何だ?


アンケート、アンケートと簡単に言いますが、では“アンケート”とはいったい何なのでしょう?
 
これまでの経験や幾つかの辞書を参考に自分なりに定義するなら、

①多数の対象に
②同じ質問をして
③意見を調査する

ことになります。
 
ポイントは③の「意見を調査する」です。ここにどの程度のウエイトを置くかでアンケートの意味合いはだいぶ変わってきます。言い換えれば、ここに齟齬があると役立たずのアンケートになってしまうのです。
 


趣味のアンケートならば・・・


例えば、個人的な興味や趣味について「みんなの考えを知りたい」と思うことがあるでしょう。この場合でも、「①多数の対象に」、「②同じ質問をして」を満たせばアンケートと言えます。しかし、その多くでは「③意見を調査する」という意識は低いようです。
 
そこまで堅苦しくならず、「みんなの意見が何となくわかればいい」と考えてアンケートを行なっているのです。このような目的ならば、自分の聞きたいことを、自分の聞きたいように、自分の聞きたい人に質問すれば充分です。その結果は、対象とした人たちの意見を代表しているとは言えないことも多いでしょうが、個人的な興味や趣味なら大きな問題にはなりません。そもそも、そんなことを求めていないでしょう。
 


仕事のアンケートならば・・・


仕事で何かを調査するためにアンケートを行なうならば、話は別です。
調査結果を商売に役立てようとしているのですから、しっかりと「③意見を調査する」必要が生じます。そのためにはアンケートの作法に則って作業をすることにより、意見を少しでも正しく、偏りなく集めることが求められます。そうしなければ、正確なアンケート結果を得ることができず、結果的に意思決定を間違える可能性が高いからです。
 


アンケートは目的にフィットしたやり方で


趣味のアンケートは誰でも簡単に実施できます。一方、仕事のアンケートを行なうには一定のスキルが必要です。趣味のアンケートの延長線上に、仕事のアンケートはありません。かけ離れたものです。
 
アンケートを安易に考えて失敗する事例はここの部分を勘違いしたものが多いようです。つまり、趣味のアンケートで成功したので仕事のアンケートもできると考えるのです。しかし、そうはなりません。仕事のアンケートを行なうのなら、目的にフィットしたそれなりのやり方を選ぶ必要があります。
 
さて、では仕事のアンケートを具体的にどうやって行なうのか。
それは次回以降にご説明します。